ここからサイトの主なメニューです

教材機能別分類表


   このたび,公立の義務教育諸学校の教材整備について,学習指導要領の改訂に伴う新たな教材整備,地方分権の趣旨を踏まえた各学校及び各地方公共団体の自主性・自律性の尊重等の観点から,新たに参考資料として,「教材機能別分類表」が取りまとめられ,平成13年11月5日,初等中等教育局長から各都道府県教育委員会に通知されました。
   義務教育諸学校においては,今後,「教材機能別分類表」を参考に,教材の機能を重視した教材選択・教材整備に努めるとともに,各学校の教育目標,教育課程や特色ある学校づくりなどの諸事情に対応して,弾力的・効果的な教材整備を図っていくことが期待されています。
   また,「教材機能別分類表」には,教材整備の自主的選択,裁量の拡大を促すため,あえて各教材の数量に関する事項は示されていませんが,各学校及び各地方公共団体が教材整備を進めるに当たっては,各教材の必要数量(整備目標)を定めるなどして,計画的な整備を図ることが適当でしょう。
 
教材機能別分類表
  小学校
  中学校
  盲学校
  聾学校
  肢体不自由者を教育する養護学校
  病弱者を教育する養護学校
  知的障害者を教育する養護学校
   
報道発表資料
   
協力者会議報告書
  (義務教育諸学校における標準教材品目の在り方等に関する調査研究協力者会議最終報告)


-- 登録:平成21年以前 --