ここからサイトの主なメニューです

学校図書館

これからの学校図書館の活用の在り方等について(審議経過報告) 目次

平成20年9月
子どもの読書サポーターズ会議

1.学校図書館の位置付けと機能・役割
1.学校図書館の法的位置づけ
2.学校図書館の機能・役割
(1)児童生徒の「読書センター」及び「学習・情報センター」としての機能
(2)教員のサポート機能
(3)その他の機能
 ア 子どもたちの「居場所」の提供
 イ 家庭・地域における読書活動の支援
2.学校図書館をめぐる状況
1.子どもの読書活動の広まりと子どもの読書状況
(1)子どもの読書活動の広まり
 ア 国等の動き
 イ 学校における読書活動の状況
(2)子どもの読書の状況
2.読解力の育成・言語力の涵養等に対する要請の高まり
(1)総合的な学習の時間の実施と生きる力の理念の共有
(2)我が国生徒の読解力等に関する調査結果と学力向上に向けた要請
(3)学校教育における言語力の涵養の要請
3.学校図書館に対する多様な要請
(1)学校の中の学校図書館(「心の居場所」として)
(2)地域の中の学校図書館
 ア 放課後の子どもたちの安全・安心な居場所として
 イ 地域における読書活動の拠点として
3.これからの学校図書館に求められる課題
1.子どもの読書活動のより一層の推進に向けた対応
2.教科等の学習における活用促進に向けた対応
(1)授業における学校図書館の活用の拡大
(2)教員サポート機能の発揮
3.多様な要請への対応
4.学校図書館の活用高度化に向けた視点と推進方策
1.視点と取組
(1)「読書センター」機能の更なる発展
視点1:学校図書館が中心となり、学校の読書活動を多様に展開する
視点2:家庭や地域における読書活動推進の核として、学校図書館を活用する。
(2)「学習情報センター」機能の更なる発展
視点3:「学び方を学ぶ場」としての学校図書館の整備を進める。
視点4:学校図書館の教員サポート機能を充実させる。
(3)学校図書館を活用した子どもの居場所づくり
視点5:「いつも開いている図書館、必ず誰かいる図書館」を実現し、「心の居場所」となる学校図書館づくりを進める。
視点6.;放課後の学校図書館を地域の子どもたち等に開放する。
2.高度化推進に向けての留意点等
(1)学校における組織的な推進体制の整備
(2)教育委員会による条件整備・支援
 ア 現状と課題
 イ 求められる条件整備・支援
(3)国による調査研究とその成果等の普及

お問合せ先

初等中等教育局

-- 登録:平成21年以前 --