ここからサイトの主なメニューです

CLARINETへようこそ

海外子女教育の概要

我が国の国際的諸活動の進展に伴い、多くの日本人がその子どもを海外に帯同しています。平成27年4月15日現在、約7.8万人の義務教育段階の日本人の子どもが海外で生活しています。
また、海外に長期間在留した後帰国する子どもの数は平成26年度間には、約1.2万人となっています。
我が国の主権の及ばない外国において、日本人の子どもが、日本国民にふさわしい教育を受けやすくするために、文部科学省外務省(※外務省ホームページへリンク)では、憲法の定める教育の機会均等及び義務教育無償の精神に沿って、海外子女教育の振興のために様々な施策を講じています。
具体的には、文部科学省が在外教育施設への教員の派遣、教材整備補助及び帰国児童生徒の受入れに係る支援などを行っており、外務省では、在外教育施設の校舎借料及び現地採用教員謝金援助などを行っています。

◎「海外で学ぶ日本の子どもたち-我が国の海外子女教育の現状-」

 「海外で学ぶ日本の子どもたち-我が国の海外子女教育の現状-」

お問合せ先

初等中等教育局国際教育課

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成21年以前 --