ここからサイトの主なメニューです

平成27年度前期 官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~の募集について(平成26年9月30日)

平成26年9月30日

 このたび、独立行政法人日本学生支援機構において、官民協働による海外留学支援制度として実施する「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の第2期に当たる、平成27年度前期の募集を実施することになりました。
 本事業は、文部科学省との連携、民間企業等からの協力・支援の元で機構が実施するものであり、10月1日(水曜日)から支援対象となる学生の募集を開始します。

趣旨

「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~」は、海外での「異文化体験」や「実践活動」を焦点にした留学を推奨することにより、学生時代により多様な経験と、自ら考え行動できるような体験の機会を提供しています。そのため、諸外国の大学等といった教育機関での留学だけでなく、企業でのインターンシップや学生が立案した多様なプロジェクト等の留学を支援します。

事業の概要

  • 本制度は、我が国の大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専修学校(専門課程)に在籍する日本人学生等に対し、諸外国への留学に必要な経費の一部を奨学金等として支給するとともに、留学経験の質を高めるため、留学の前後に行う研修の提供、及び留学後の継続的な学習や交流の場としての留学生のネットワークの提供を行います。
  • また、本制度では「日本再興戦略」及び産業界からの意向を踏まえ、実践的な学びを焦点に、自然科学系分野、複合・融合分野における留学や、新興国への留学、諸外国のトップレベルの大学等への留学、将来日本の各地域で活躍することを希望し留学する学生を引き続き支援します。
  • 学生の海外留学を促進するという観点から、各領域でリーダーシップを発揮する多様な人材を支援し、海外留学の機運を高めることを目的としています。
  • 第1期(平成26年度)募集からの主な変更点は、留学対象期間を1年以内から2年以内としたこと、募集予定人数を300名から500名に増加したことです。また、平成27年度以降は年2回の募集を行うことを予定しています。

募集期間

平成26年10月1日(水曜日)~平成26年10月24日(金曜日)17時必着

別添

お問合せ先

官民協働海外留学創出プロジェクトチーム

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(官民協働海外留学創出プロジェクトチーム)

-- 登録:平成26年09月 --