ここからサイトの主なメニューです

「次期国立大学法人等施設整備計画策定に向けた中間まとめ」について

令和2年7月8日
大臣官房文教施設企画・防災部計画課整備計画室


今後の国立大学等の施設整備に係る方向性や推進方策について「今後の国立大学法人等施設の整備充実に関する調査研究協力者会議」(主査:有信睦弘 東京大学執行役・副学長、以下「協力者会議」)を開催し、検討を進めてきたところ、この度、中間まとめが取りまとめられましたので、お知らせします。【報道発表資料】(PDF:176KB) PDF

経緯及び趣旨

○ 国立大学等の施設は、教育研究活動の基盤であり、その施設の整備充実を図っていくことは我が国の未来を拓き、成長・発展へと導くものであることから、これまで4次にわたり施設整備に関する5か年計画を策定し、重点的・計画的な整備を進めている。

○ 現在の「第4次国立大学法人等施設整備5か年計画」(平成28年3月29日文部科学大臣決定)は今年度までの計画期間となっており、その後の施設整備の方向性と今後の取組等を検討する必要があることから、協力者会議において検討を進め、この度中間まとめが取りまとめられた。
 

中間まとめの概要【別添1】

○ 国立大学等は、知と人材の集積拠点として、市民・行政・教育研究機関・企業等、社会の様々なステークホルダーとの連携により、創造活動を展開する「共創」の拠点となることが期待されている。

○ そのため、今後の国立大学等における施設整備は、キャンパス全体を「共創拠点」、すなわち「イノベーション・コモンズ」として捉え、その充実を図ることが必要である。【別添2】

○ 国立大学等の施設はこれまでの投資により、全国的に配置された我が国最大かつ最先端の知的インフラであるが、第4次5か年計画では、老朽改善整備が当初の整備目標の25%にとどまる見込みであり、建物やライフラインの老朽化が深刻な状況となっている。

○ 次期計画においては、既に保有している大量の施設を最大限有効活用することが重要であることから、「戦略的リノベーション」等による老朽改善整備の加速化に必要となる財源の確保や施設マネジメントの推進、多様な財源の活用推進が必要である。
 

今後のスケジュール

○ 12月頃 最終報告 公表
○ 年度内 協力者会議の最終報告を踏まえ文部科学省として次期計画を策定
 

報告書

お問合せ先

大臣官房文教施設企画・防災部計画課整備計画室

 企画調査係
 電話番号:03-5253-4111(代表)(内線3247)


 

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。
Adobe Acrobat Readerは開発元のWebページにて、無償でダウンロード可能です。

(大臣官房文教施設企画・防災部計画課整備計画室)