ここからサイトの主なメニューです

総合型地域スポーツクラブ育成マニュアル 参考資料-3 スポーツの実施状況等について(9)

スポーツ振興についての国や地方公共団体への要望(年次推移)

年齢層にあったスポーツの開発普及では平成12年は38.5%。スポーツ指導者の養成では平成12年は29.3%、平成9年は37.9%、平成6年は39.4%、平成3年は39.2%。学校体育施設の開放・整備では平成12年は25.7%、平成9年は28.5%、平成6年は26.5%、平成3年は28.1%。地域のクラブやサークルの育成では平成12年は22.9%。各種スポーツ行事・大会・教室の開催では平成12年は22.5%、平成9年は26.9%、平成6年は29.1%、平成3年は32.3%。野外スポーツ活動施設の整備では平成12年は18.3%、平成9年は24.5%、平成6年は23.5%、平成3年は25.8%。公共施設での健康・体力相談では平成12年は17.5%。スポーツに関する広報活動では平成12年は15.7%、平成9年は17.9%、平成6年は16.4%、平成3年は16.4%。スポーツに関する国際交流の振興では平成12年は12.7%、平成9年は18.1%、平成6年は19.4%、平成3年は22.3%。スポーツボランティアの支援では平成12年は12.7%。野外を除く各種スポーツ施設の整備では平成12年は11.5%、平成9年は13.1%、平成6年は11.4%、平成3年は14.6%。スポーツに関する科学的研究の推進では平成12年は8.3%、平成9年は9.9%、平成6年は11.0%、平成3年は11.3%。その他では平成12年は1.9%、平成9年は0.8%、平成6年は0.3%、平成3年は0.7%。力を入れてもらいたいものはないでは平成12年は6.3%、平成9年は8.1%、平成6年は8.6%、平成3年は6.0%。

 

内閣府「体力・スポーツに関する世論調査」

お問合せ先

スポーツ・青少年局スポーツ振興課

(スポーツ・青少年局スポーツ振興課)

-- 登録:平成21年以前 --