ここからサイトの主なメニューです

総合型地域スポーツクラブ育成マニュアル 2-2 クラブマネージャーの役割(2)

【クラブマネージャーに求められる資質】

 総合型地域スポーツクラブのクラブマネージャーに求められる資質を以下の「5つの能力」から考えてみましょう。

◇「現状を把握する」能力 クラブの活動を安定的に行い、発展させていくためには常に現状を把握することが重要であり、クラブを経営している地域ではどのようなスポーツニーズがあるのか、会員は何を求めてクラブに入会し、どのようなスポーツ指導者を求めているのか等、具体的な現状把握を行うことができる必要があります。
◇「説明する」能力  地域の団体や住民から様々な協力を得るためには、クラブの目的や活動について、わかりやすく説明することが重要であり、クラブの運営について、会員はもちろんのこと地域の住民に対して、魅力的で訴求的なプレゼンテーションを行うことができる必要があります。
◇「コミュニケーション」能力 クラブに対して多様なスポーツニーズと参加意欲をもった人や、子どもから高齢者まで多世代の人が会員となるクラブですから、会員のニーズを把握するとともに、クラブの理念を共有していくためには、気軽に誰とでもコミュニケーションをとることができる必要があります。
◇「調整する」能力 会員の多様なニーズに対応したクラブ運営をするためには、活動種目間や各協力団体等との調整が重要であり、会員や子どもの会員の保護者、スポーツ指導者、各協力団体の役員等と意見交換を行い、クラブの目的に沿った安定的な活動を行うための課題を解決していく必要があります。
◇「事務処理をする」能力 クラブには、会計処理・会員管理・施設の利用調整等の日常的な業務があり、様々な事務処理を公正かつ円滑に遂行していく必要があります。

コラム

 総合型地域スポーツクラブを円滑かつ継続的に運営するためには、経営能力を有する人材の育成が必要です。このため、文部科学省では、総合型地域スポーツクラブ育成協議会((財)日本体育協会、(財)日本レクリエーション協会、(財)日本スポーツクラブ協会、(社)全国体育指導委員連合で構成)と共催して「総合型地域スポーツクラブマネージャー養成講習会」を平成13年3月から開催しています。
 この講習会は、クラブの運営に必要な事業計画の立案、マーケティング、会計事務、施設・設備及び危機管理などの項目について63時間の講習を行うものです。この講習会で養成されたクラブマネージャーが、全国各地の総合型地域スポーツクラブの運営の要として活躍することが期待されます。

お問合せ先

スポーツ・青少年局スポーツ振興課

(スポーツ・青少年局スポーツ振興課)

-- 登録:平成21年以前 --