令和2年度「学校図書館の現状に関する調査」の結果について

令和3年7月29日

 文部科学省では、学校図書館への司書教諭や学校司書の配置状況、図書の整備状況、学校図書館の活用及び読書活動の状況等を調査しています。
 このたび、令和2年度調査の結果を取りまとめましたので、お知らせいたします。

 1. 調査内容

(1)調査対象:小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、義務教育学校及び中等教育学校
(2)調査項目:学校図書館における人的整備の状況、学校図書館における物的整備の状況、学校図書館の活用及び読書活動の状況

2. 調査結果の概要

(1) 「学校司書」を配置している学校の割合は、小・中・高等学校でそれぞれ68.8%、64.1%、63.0%であり、小・中学校は前回より増加したが、高等学校は減少。
(2) 学校図書館図書標準を達成している学校の割合は小・中学校でそれぞれ71.2%、61.1%であり増加しているものの、その割合はいまだ十分ではない状況。
(3) 学校に新聞を配備している学校の割合は、小・中・高等学校でそれぞれ56.9%、56.8%、95.1%であり、前回より増加。

3. その他

次回は、令和7(2025)年度に調査実施予定。

お問合せ先

総合教育政策局地域学習推進課

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。
Adobe Acrobat Readerは開発元のWebページにて、無償でダウンロード可能です。

(総合教育政策局地域学習推進課)