ここからサイトの主なメニューです

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた日本人学校等における教育の実施状況の記録について(通知)

2文科教第553号
令和2年10月20日


各日本人学校運営委員会委員長
各日本人学校長
各私立在外教育施設運営委員会委員長
各私立在外教育施設学校長

文部科学省総合教育政策局長
浅田 和伸

(公印省略)

 

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた日本人学
校等における教育の実施状況の記録について(通知)


 各校とも新型コロナウイルス感染症による影響が継続する中、学校運営に御尽力いただいておりますことに感謝申し上げます。

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、日本人学校及び私立在外教育施設(以下「日本人学校等」という。)の中には、所在国政府等の指示・命令等に基づく都市封鎖や外出制限の影響で未だに対面授業を全面的に再開することができず、オンライン指導等の方法により教育を継続・補完しているものがあるところ、その所在国毎に都市封鎖等の期間や教育活動に対する政府等からの指示内容は異なっております。また、日本人学校等からは、このような日本人学校等の置かれている状況について十分に理解されていないことを原因として、在籍する児童生徒が日本国内の高等学校等へ進学するための入学者選抜等において不利益を被るのではないかとの懸念の声が寄せられているところです。

 こうした状況を踏まえ、文部科学省総合教育政策局国際教育課(以下「国際教育課」という。)では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により日本人学校等が置かれている状況及びその教育の実施状況に関し記録するための書類(以下「状況記録書類」という。)の様式例を別紙5のとおり作成し、お示しすることとしました。様式例は、学年別に作成することを前提とした上で、日本人学校等の所在国における都市封鎖等の状況や、当該日本人学校等が対面指導の代替として実施した教育の内容や実施期間等を記載する欄を設けています。各日本人学校等の状況を踏まえ、必要に応じて参考にしていただきますようお願いいたします。

 状況記録書類を作成した場合は、指導要録の「出欠の記録」欄の備考に状況記録書類を参照するよう記入(別紙2・3・4参照)するとともに、編入学・進学で指導要録の写しを送付する際は、状況記録書類の写しを添付するようお願いいたします。

 なお、別紙5は文部科学省が様式例として示すものであり、各校において個々の事情に応じてその内容や記入事項を変更していただいても差し支えありません(※)。

(※)様式例は、その作成に係る負担の軽減の観点から、前述のとおり学年毎の指導状況を記入することを想定して作成していますが、各校が所在国の状況や個々の事情に応じ、例えば状況記録書類を学年毎ではなく学校全体の指導状況を示すものとして作成したり、個々の児童生徒毎に作成したりしても差し支えありません。

 また、日本人学校等の児童生徒が国内の高等学校等へ進学するために受検をする場合、当該児童生徒が安心して受検に臨めるよう、志願する高等学校等や当該児童生徒等の求めに応じ、都市封鎖等の期間中に実施してきた教育の内容を説明するため、状況記録書類に記載する内容を具申書等の方法で志願する高等学校等に伝える等の対応を行うようお願いいたします。

 そのほか、関連事項について別紙1のQ&Aにまとめましたので、適宜、御参照ください。

 最後に、本通知により様式例を作成して日本人学校等に示すこと、及び、高等学校等の入学者選抜に際しては日本人学校等における授業日数の多寡により受検者が不利益を被ることがないようにすること等について、日本国内の教育委員会等に対して別添のとおり周知していることを申し添えます。

 引き続き、文部科学省としては、各日本人学校等における教育活動に対し、十全の支援を行ってまいりますので、本通知について御不明な点等がありましたら、本件連絡先まで御連絡ください。

【添付資料】

【別添資料】

お問合せ先

総合教育政策局国際教育課

TEL:03-5253-4111(内線:3279)

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。
Adobe Acrobat Readerは開発元のWebページにて、無償でダウンロード可能です。