大学における教員の養成

 平成29年8月29日に、国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議において、「教員需要の減少期における教員養成・研修機能の強化に向けて―国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議報告書―」がとりまとめられ、本有識者会議としては、これからの教員需要の減少期にあっても、国立教員養成大学・学部は、その教員養成・研修機能を強化して引き続き我が国の教員養成において中心的な役割を果たし、教員養成の質の向上を先導する使命を担っていくべきであると考え、その観点から、これまでの取組における課題を洗い出し、それらの課題に対してとるべき対応策をとりまとめた。
 国立教員養成大学・学部は、現在44大学44学部(うち教員養成単科11大学)が設置されている。
 

国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議

国立の教員養成大学・学部及び国私立の教職大学院の卒業者及び修了者の就職状況等について

教員養成フラッグシップ大学について

教員免許等に関すること

お問合せ先

総合教育政策局教育人材政策課

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。
Adobe Acrobat Readerは開発元のWebページにて、無償でダウンロード可能です。

(総合教育政策局教育人材政策課)