日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)

日米教育委員会は、1979年に締結された日米政府間の協定に基づき、日米教育交流計画の企画・管理及び実施を通じて日米間の相互理解を増進する事を目的とし、日米両国が対等の立場で設置する国際機関。
 

(1)組織

日米両政府から任命される日米各5名ずつの委員(両国ともに2名の政府代表と3名の民間人)計10名の委員によって構成。
(委員長は両国交互に1年毎に就任)

(2)主要業務

○日米教育交流計画の運営(年次計画作成、奨学生選考・大学配置等)
○特別教育交流事業の運営
○米国への留学情報サービス(EducationUSA)の運営

(3)予算

日米両国の相互負担
日本側は文部科学省が拠出

(4)委員(2022年7月現在)【◎:委員長、○:財務委員長】

【日本側】
◎岡村 直子   文部科学省国際統括官
 岡野 結城子  外務省外務副報道官(報道・広報・文化交流担当)
 赤津 晴子    国際医療福祉大学医学部教授・医学教育統括センター長
 江川 雅子    学校法人成蹊学園学園長
 高橋 裕子    津田塾大学学長

【米国側】
 フィリップ・ロスキャンプ    駐日米国大使館広報・文化交流担当公使
○ジェニファー・S・ロジャーズ アシュリオンジャパン・ホールディングス合同会社法務部ゼネラル・カウ ンセル アジア
 キャロライン・ベントン     筑波大学副学長・理事(国際担当)
 ハンス・クレム         前駐ルーマニア米国大使
 シャノン・ドーシー       駐日米国大使館文化交流担当官
 

●関連イベント

●関連リンク

●日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)事務局長の公募情報(2021年7月)

お問合せ先

大臣官房国際課