第2期(平成28年度~令和2年度)科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」推進事業 中間評価について

文部科学省では、科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」推進事業の第2回目の中間評価を実施するため、令和2年12月より中間評価委員会を開催しています。

  1. 目的
    科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」推進事業は、客観的根拠に基づく合理的な政策形成の実現を目指し、平成23年度より開始された。概ね5年に一度中間評価を実施することとしており、事業開始から5年目にあたる平成27年度に第1回の中間評価を行った。令和2年度で事業開始から10年目となったため、第2回の中間評価を実施する。
    このため、本事業の全体の中間評価を実施することを目的として、科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」推進事業中間評価委員会を開催する。
  2. 開催期間
    令和2年12月1日から中間評価結果の公表までとする。
  3. 委員名簿
    大隅 典子東北大学 副学長
    小林 直人早稲田大学 参与・名誉教授
    永井 良三自治医科大学 学長
    原山 優子理化学研究所 理事
    (敬称略、五十音順)

開催案内

最新の議事要旨・議事録・配付資料

第1回【開催日時:令和2年12月15日(火曜日)10時~11時】

お問合せ先

科学技術・学術政策局企画評価課

(科学技術・学術政策局企画評価課)