令和2年度「女性の多様なチャレンジに寄り添う学びと社会参画支援事業」

令和2年度「女性の多様なチャレンジに寄り添う学びと社会参画支援事業」 公募に係る質問と回答

令和2年度「女性の多様なチャレンジに寄り添う学びと社会参画支援事業」 採択状況

 

(1)多様なチャレンジに寄り添う学び・社会参画支援モデルを構築するための実証事業の実施

団体名

事業題名

概要

公益財団法人
せんだい男女共同参画財団
 
自立を目指す女性のための“学び直し”を通したキャリア支援事業
10代で十分な学びの経験を積めなかった女性を対象に、民間の学習支援団体と連携し、伴走型の学習支援による学び直しを実施。学び直しによる基礎学力の向上、キャリアカウンセリングによる目標の設定、職業体験プログラム等を通して、再チャレンジを支援する。
 
京都女子大学 AI/RPAに特化した働く女性のための学び直し
プログラム

短期大学・大学を卒業しながらも不本意ながら非正規雇用に就いている女性を対象に、キャリアアップ・キャリアチェンジの選択肢として、AI/RPAの基礎的スキルを習得するプログラムを提供する。スキルの習得やインターンシップ等を通して、労働意欲の醸成等を促し、キャリアアップやキャリアチェンジの実現を図る。
 

公立大学法人
福岡女子大学

女性のためのウェルカムバック支援プログラム

一次的にキャリアを中断して再就職を目指す女性や非正規雇用を繰り返している女性を対象に、講座や在学生との意見交換、インターンシップ等を通して、自己肯定感の涵養や労働意欲の醸成、キャリア形成の支援を行い、正規雇用や無期雇用の転換等の「長期的で安定した働き方」を可能にするための支援を行う。
 

国立大学法人
山梨大学
未来の山梨を作るウーマンズコミュニティー
プログラム

地元企業で働く女性社員を対象に、ライフデザインやコミュニケーションに関する講座、他社へのインターンシップ体験を提供する「起業研修プログラム」を開発する。研修を通して、女性社員のキャリア形成を支援するとともに、研修により企業同士が連携を深めることで、企業の意識改革を助け、地域に暮らす女性にとって働きやすく活躍しやすい職場環境の形成を目指す。
 

(2)女性の学びサポートフォーラムによる普及啓発事業の実施

団体名

事業題名

概要

一般財団法人
大阪市男女共同参画のまち創生協会

女性の学びサポートフォーラムによる普及啓発事業の実施

子育て中の男女を対象に、イベント「子どもと一緒にパパとママの学びフェスタ」を開催、さらに、固定的性別役割分担意識への気付きを促す啓発冊子等を作成する。財団の事業と連携させながら、年間を通じた普及啓発を行い、男性の育児参加と子育て中の女性のキャリアアップ・キャリアチェンジに向けた意識の醸成を目指す。

日本女子大学

女性のためのリカレント教育に関わるネットワーキングの構築

「女性のためのリカレント教育推進協議会」のメンバーである6大学(日本女子大学、関西学院大学、明治大学、福岡女子大学、京都女子大学、京都光華女子大学・京都光華女子短期大学)が連携し、リカレント教育の啓発イベントの開催や、キャリアアップに関わるプログラムを提供する等し、リカレント教育の認知度の向上及び男女問わずリカレント教育を受ける機運の構築を目指す。
 



令和2年度「女性の多様なチャレンジに寄り添う学びと社会参画支援事業」公募に係る質問と回答を公開いたしました。

書類

質問内容

回答

 

 

実証事業につき、受講料を徴収してもよいか。

受講料は徴収できない。

 

 

実証事業につき、学習プログラムの提供時間において、時間数の上限・下限はあるか。

上限・下限はない。

公募要領

1

(1)多様なチャレンジに寄り添う学び・社会参画支援モデルを構築するための実証事業の実施と(2)女性の学びサポートフォーラムによる普及啓発事業の実施両方に応募することは可能か。

可能である。ただし企画提案書はそれぞれ提出すること。

企画提案書 2 「実施組織の構成」には何について書けばよいか。 実行委員会について記載すること。

 

お問合せ先

総合教育政策局男女共同参画共生社会学習・安全課 男女共同参画学習室男女共同参画推進係

電話番号:03-5253-4111(内線2654)
メールアドレス:danjo@mext.go.jp

(総合教育政策局男女共同参画共生社会学習・安全課)