誰もが読書をできる社会を目指して~読書のカタチを選べる「読書バリアフリー法」~(啓発用リーフレット)

 このたび、文部科学省と厚生労働省が連携し、障害者の方やその御家族の方に公立図書館や点字図書館等でどのようなサービスが行われているのか、またどのような本があるのかを知ってもらうためのリーフレット「誰もが読書をできる社会を目指して~読書のカタチを選べる「読書バリアフリー法」~」を作成しました。
 読書バリアフリー法は誰もが読書をできる社会の実現を目指しています。自分に合った、読書のカタチを選んでみませんか?
リーフレット表紙

以下、リーフレットの文章を抜粋して掲載します。

2019年6月に「読書バリアフリー法」※1が成立しました!

※1 正式名称は「視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する法律」です

「読書バリアフリー法」とは?

障害の有無に関わらず、すべての人が読書による文字・活字文化の恩恵を受けられるようにするための法律です。
さまざまな障害のある方が、利用しやすい形式で本の内容にアクセスできるようにすることを目指しています。

どんなことが変わる?

図書館の本も、書店で販売される本も、一層利用しやすい形式になっていきます。ぜひ、図書館の本やサービスを利用してみてください。

紙の本

点字の本のほか、文字の大きさやフォントを変えて読みやすくした本が入手しやすくなります。

デジタルの本

パソコン・タブレット・スマートフォンを使って、さまざまな便利な機能により、自分に合った方法で読める本が増えます。
●文字の大きさや色を変える
●内容を音声で読み上げる
●漢字にふりがなを付ける
●スイッチを使ってページをめくる

図書館で利用できるサービス

公立図書館

貸出・郵送サービス

さまざまな種類の本の貸出を行っています。
点字・録音図書や雑誌は、一部の障害者に無料で郵送できます。本を自宅に郵送してくれる図書館もあります。

対面朗読サービス

図書館の本や持参した本を、朗読者が直接読み上げます。
短いものは電話で対応してくれる図書館もあります。

機器の利用

読書を支援する機器を利用できる図書館もあります。
機器の使い方も教えてくれます。
● 文字を拡大して表示する「拡大読書器」
● 音声DAISYなどを再生するための「DAISY再生機」

点字図書館

図書や雑誌の録音・点訳・貸出を中心に、目の見えにくい方に向けた相談も受け付けています。
福祉サービスや施設の紹介、視覚障害者用機器の使用方法の説明などです。
蔵書にない印刷物の録音・点訳、対面朗読サービス、点訳・音訳をする人の養成も行っています。

図書館で利用できるさまざまな本

大活字本

目の見えにくい方にも読みやすいように、大きな文字で書かれています。

点字図書

点字に翻訳(点訳)された本です。点を使って図や絵を表したものを「点図」といいます。
点字と点図を透明なシートに打って、絵本に貼った「点訳絵本」もあります。

LLブック

やさしい言葉で分かりやすく書かれた本です。
ピクトグラム(絵文字)や写真・図を使って理解を助けています。

布の絵本・さわる絵本

布・革・毛糸などを用いて作られた絵本で、触って絵の形が分かるようになっています。
ボタンをとめたり、ひもを通す仕掛けがあり、楽しみながら読むことができます。

DAISY※2

※2 「Digital Accessible Information System」(アクセシブルな情報システム)の略称です
デジタル録音図書の国際標準規格です。
目次から、読みたい見出しやページに移動することができます。

音声DAISY

図書や雑誌の内容を録音して音声にしたものです。
図や写真の説明も入っています。
目次やページ情報が収録されているので、本をめくるように読むことができます。
音声の速さも変えることができます。

マルチメディアDAISY

文字や画像をハイライトしながら、その部分の音声と一緒に読むことができます。
パソコンやタブレットなどを使って再生します。
文字の大きさや背景の色も変えることができます。

電子書籍

目の見えにくい方などに配慮した電子書籍は、パソコン・スマートフォン・専用機器を使って、目次から読みたいページに移動したり、文字の大きさ・色・フォント・背景の色を変えることができます。
内容を音声で聴くことができる電子書籍も増えています。

インターネットによるサービス

目の見えない方・見えにくい方、活字の図書を読むのが難しい方が、無料で利用できるサービスです。

サピエ図書館

HP:sapie.or.jp/(※サピエ図書館ホームページが別ウィンドウで開きます)
TEL:06-6441-1078
インターネット上の電子図書館です。30万タイトル以上の録音・点字・電子図書を、パソコン・スマートフォン・専用機器を使って、読んだり聴いたりできます。
録音・点字図書の貸出を依頼することもできます。
国立国会図書館(視覚障害者等用データ送信サービス)のデータも、一部を除いてサピエ図書館で利用できます。

利用方法

利用には申し込み手続きが必要です
サピエ図書館に登録している図書館で利用することもできます
お近くの点字図書館・公共図書館か、サピエ事務局へお問い合わせください

国立国会図書館視覚障害者等用データ送信サービス

HP:ndl.go.jp/jp/support/send.html(※国立国会図書館ホームページが別ウィンドウで開きます)
TEL:0774-98-1458
国立国会図書館や全国の公共図書館や大学図書館などが製作した約3万点のDAISY・テキストデータ・点字データなどを、インターネット経由で利用できます。

関係団体からのメッセージ

読みが困難な人も利用ができる
藤堂 栄子さん(認定NPO法人 エッジ 会長)

発達障害で読みにくさがあるディスレクシアの人は、紙と文字だけではなくていろいろな媒体から情報を得ることを望んでいます。
文字は入り口ですが、その先にある内容に触れ、特に今はやりの雑誌や小説、世界のニュースなどを幅広く気兼ねなく利用して自分のものとしていきたいのです。

ぼくに、わたしに合った読み方、教えてくれる図書館!!
見形 信子さん(認定NPO法人 DPI日本会議)

世の中にはわからないこと、不思議なことがたくさんあります。
どうして?もっと知りたいなーに応えてくれる。図書館は情報のテーマパークです!!
図書館では本がしゃべり、音楽みたいに聞き、触り、読むことができます。
私たちの目と耳と手、いろんな読書の方法が選べます。さあ、まちの図書館に行って体験してみましょう!!

最寄りの図書館から、新たな読書スタイルを、新たな本の発見を
三宅 隆さん(社会福祉法人 日本視覚障害者団体連合 情報部長)

「読書バリアフリー法」が目指す社会を実現することにより、読書することをあきらめていた人、別の方法で読書することを知らなかった人にとって、新たな読書スタイルを確立することができます。
そして、国内・海外のアクセシブルな図書が利用できることで、生活の質を上げ、社会参加につながると期待されます。

お問合せ先

総合教育政策局男女共同参画共生社会学習・安全課障害者学習支援推進室
総合教育政策局地域学習推進課図書館・学校図書館振興室