東電福島原発事故の賠償請求について、一緒に確認しませんか?

東電福島原発事故の賠償請求について、一緒に確認しませんか? 

 東電福島原発事故に関する原子力損害の賠償は、「損害および加害者を知った時から10年」を過ぎると、時効により、請求できなくなる可能性があります。
 事故後10年が経過したからと言って、直ちに賠償の請求ができなくなるとは限りませんが、事故から10年目を迎えたことを機に、早期の請求をおすすめします。

 
        「東電福島原発事故の損害賠償請求について、一緒に確認しませんか?」
                   (原子力損害賠償請求広報動画)

  ・初めて請求する


  ・既に請求したことがある

 

関係機関における対面等による相談会

 賠償の請求は、お一人で悩まず、専門家にご相談ください。様々な機関が、皆様のご相談をお待ちしております。

【原子力損害賠償・廃炉等支援機構(NDF)主催】

原子力損害賠償・廃炉等支援機構「無料個別相談会のご案内」
(※原子力損害賠償・廃炉等支援機構ホームページへリンク)



【福島県司法書士会主催】

福島県司法書士会トップページ
(※福島県司法書士会ホームページへリンク)


 

広報資料

    
 「東電福島原発事故の損害賠償請求について、一緒に確認しませんか?」チラシ
                 (画像を押すとPDFが開きます(PDF:736KB))

 

(参考)過去作成資料

お問合せ先

原子力損害賠償制度及び原子力損害賠償紛争審査会に関すること

電話番号:03-5253-4111(代表)(平日 9時30分~18時15分)(土日祝除く)

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。
Adobe Acrobat Readerは開発元のWebページにて、無償でダウンロード可能です。

(研究開発局原子力損害賠償対策室)