ここからサイトの主なメニューです

日本ユネスコ国内委員会

ユネスコ・クリエイティブシティーズネットワーク(ユネスコ創造都市ネットワーク)への我が国の都市の加盟認定について

 ユネスコが実施する「ユネスコ・クリエイティブシティーズネットワーク(ユネスコ創造都市ネットワーク)」に関して、旭川市(デザイン分野)が、ユネスコから令和元年10月30日(フランス現地時間/日本時間で10月31日未明)に加盟を認定されたとの発表がありましたので、お知らせいたします。本発表は、既にユネスコのホームページに掲載されております。
 今回の認定により、我が国の都市としては、神戸市、名古屋市、金沢市、札幌市、鶴岡市、浜松市、篠山市、山形市に続き、計9都市が加盟都市となりました。

【ユネスコ・クリエイティブシティーズネットワーク(ユネスコ創造都市ネットワーク)の概要】

1.概要

 ユネスコの事業として2004年に創設。創造性(creativity)を核とした都市間の国際的な連携によって、地域の創造産業の発展を図り、都市の持続可能な開発を目指すもの。各都市は同ネットワークを活用し、知識・経験の交流、人材育成、プログラム協力などを行う。
 本事業には、文学、映画、音楽、クラフト&フォークアート、デザイン、メディアアート、食文化の7分野がある。
 ユネスコの公募に応じた都市のうち事業の審査基準を満たすものが加盟認定される。

2.対象分野及び加盟都市(令和元年10月31日現在246都市)

 ※日本の加盟都市は下線部の9都市。令和元年新規加盟都市は66都市。
(1)文学:
エディンバラ、ノーリッジ、ノッティンガム(英国)、メルボルン(オーストラリア)、アイオワ(アメリカ)、ダブリン(アイルランド)、レイキャビク(アイスランド)、クラクフ(ポーランド)、ダニーデン(ニュージーランド)、グラナダ、バルセロナ(スペイン)、ハイデルベルク(ドイツ)、プラハ(チェコ)、バグダード(イラク)、リュブリャナ(スロベニア)、リビウ(ウクライナ)、モンテビデオ(ウルグアイ)、オビドス(ポルトガル)、タルトゥ(エストニア)、ウリヤノフスク(ロシア)、富川(韓国)、ダーバン(南アフリカ)、リルハマー(ノルウェー)、マンチェスター(英国)、ミラノ(イタリア)、ケベックシティ(カナダ)、シアトル(米国)、ユトレヒト(オランダ)、アングレーム (フランス) 、ベイルート (レバノン) 、エクセター (英国) 、クフモ (フィンランド) 、ラホール (パキスタン)、レーワルデン (オランダ)、南京市 (中国)、オデッサ (ウクライナ)、スレイマニヤ (イラク)、原州市 (韓国)、ヴロツワフ (ポーランド)

(2)映画:
ブラッドフォード(英国)、シドニー(オーストラリア)、釜山(韓国)、ゴールウェイ(アイルランド)、ソフィア(ブルガリア)、ビトラ(マケドニア)、ローマ(イタリア)、サントス(ブラジル)、山形市(日本)、ブリストル(英国)、ウッチ(ポーランド)、青島(中国)、テラッサ(スペイン)、ムンバイ (インド)、ポツダム (ドイツ)、サラエボ (ボスニア・ヘルツェゴビナ)、バリャドリッド (スペイン)、ウェリントン (ニュージーランド)

(3)音楽:
ボローニャ(イタリア)、セビリア(スペイン)、グラスゴー、リバプール(英国)、ゲント(ベルギー)、ボゴタ(コロンビア)、ブラザヴィル(コンゴ共和国)、ハノーバー、マンハイム(ドイツ)、浜松市(日本)、アデレード(オーストラリア)、イダーニャ・ア・ノバ(ポルトガル)、カトビーツェ(ポーランド)、キングストン(ジャマイカ)、キンシャサ(コンゴ民主共和国)、メデジン(コロンビア)、サルヴァドール(ブラジル)、統営(韓国)、バラナシ(インド)、アルマトイ(カザフスタン)、アマランテ(ポルトガル)、オークランド(ニュージーランド)、ブルノ(チェコ)、チェンナイ(インド)、大邱広域市(韓国)、フルティジャール(チリ)、カンザスシティ(米国)、モレリア(メキシコ)、ノーショーピング(スウェーデン)、ペーザロ(イタリア)、プライア(カーボベルデ)、アンボン (インドネシア)、エッサウィラ (モロッコ)、ハバナ (キューバ)、カザン (ロシア)、クルシェヒル (トルコ)、レイリア (ポルトガル)、リリア (スペイン)、メス (フランス)、ポート・オブ・スペイン (トリニダード・ドバゴ)、ラマッラー (パレスチナ)、サナンダジュ (イラン)、サントドミンゴ (ドミニカ共和国)、バジェドゥパル (コロンビア)、バルパライソ (チリ)、ベスプレーム (ハンガリー)、ブラニエ (セルビア)

(4)クラフト&フォークアート:
アスワン(エジプト)、サンタフェ、パデューカ(アメリカ)、金沢市、篠山市(日本)、利川(韓国)、杭州、景徳鎮、蘇州(中国)、ファブリアーノ(イタリア)、ジャクメル(ハイチ)、ナッソー(バハマ)、プカロンガン(インドネシア)、アル・アサ(サウジアラビア)、バーミヤーン(アフガニスタン)、ドゥラン(エクアドル)、エスファハーン(イラン)、ジャイプル(インド)、ルブンバシ(コンゴ民主共和国)、サン・クリストバル・デ・ラス・カサス(メキシコ)、バギオ(フィリピン)、バルセロス(ポルトガル)、カイロ(エジプト)、カラーラ(イタリア)、チェンマイ(タイ)、チョルデレグ(エクアドル)、ガブロヴォ(ブルガリア)、ジョアンペソア(ブラジル)、キュタヒヤ(トルコ)、リモージュ(フランス)、マダバ(ヨルダン)、ワガドゥグー(ブルキナファソ)、ポルトノーヴォ(ベナン)、シェキ(アゼルバイジャン)、ソコデ(トーゴ)、テトゥアン(モロッコ)、チュニス(チュニジア)、アレグア (パラグアイ)、アヤクチョ (ペルー)、バララット (オーストラリア)、バンダレ・アッバース (イラン)、ビエッラ (イタリア)、カルダシュ・ダ・ライニャ (ポルトガル)、晋州市 (韓国)、カルゴポリ (ロシア)、シャールジャ (アラブ首長国連邦)、スコータイ (タイ)、トリニダ (キューバ)、ヴィリャンディ (エストニア)

(5)デザイン:
ベルリン(ドイツ)、ブエノスアイレス(アルゼンチン)、モントリオール(カナダ)、神戸市、名古屋市(日本)、深セン市、上海、北京(中国)、ソウル(韓国)、サンテティエンヌ(フランス)、グラーツ(オーストリア)、ビルバオ(スペイン)、クリチバ(ブラジル)、ダンディー(英国)、ヘルシンキ(フィンランド)、トリノ(イタリア)、バンドン(インドネシア)、ブダペスト(ハンガリー)、デトロイト(アメリカ)、カウナス(リトアニア)、プエブラ(メキシコ)、シンガポール(シンガポール)、ブラジリア(ブラジル)、ケープタウン(南アフリカ)、ドバイ(アラブ首長国連邦)、グレータージロング(オーストラリア)、イスタンブール(トルコ)、コルディング(デンマーク)、コルトレイク(ベルギー)、メキシコシティ(メキシコ)、武漢(中国)、旭川市 (日本)、バクー (アゼルバイジャン)、バンコク (タイ)、セブ市 (フィリピン)、フォルタレザ (ブラジル)、ハノイ (ベトナム)、ムハッラク (バーレーン)、ケレタロ (メキシコ)、サンホセ (コスタリカ)

(6)メディアアート:
リヨン、アンギャン・レ・バン(フランス)、札幌市(日本)、ダカール(セネガル)、光州(韓国)、テルアビブ‐ヤッファ(イスラエル)、リンツ(オーストリア)、ヨーク(英国)、オースティン(アメリカ)、ブラガ(ポルトガル)、長沙(中国)、グアダラハラ(メキシコ)、コシツェ(スロバキア)、トロント(カナダ)、カールスルーエ (ドイツ)、サンティアゴ・デ・カリ (コロンビア)、ヴィボー (デンマーク)

(7)食文化:
ポパヤン(コロンビア)、成都、順徳(中国)、エステルスンド(スウェーデン)、チェンジュ(韓国)、ザーレ(レバノン)、フロリアノポリス、ベレン(ブラジル)、鶴岡市(日本)、ベルゲン(ノルウェー)ブルゴス、デニア(スペイン)、エンセナーダ(メキシコ)、ガジアンテプ(トルコ)、パルマ(イタリア)、プーケット(タイ)、ラシュト(イラン)、ツーソン(アメリカ)、アルバ(イタリア)、ブエナベントゥラ(コロンビア)、コチャバンバ(ボリビア)、ハタイ県(トルコ)、マカオ(中国)、パナマシティ(パナマ)、パラチー(ブラジル)、サンアントニオ(米国)、アフィヨンカラヒサール (トルコ)、アレキパ (ペルー)、ベロオリゾンテ (ブラジル)、ベンディゴ (オーストラリア)、ベルガモ (イタリア)、ハイデラバード (インド)、メリダ (メキシコ)、ヘルマナス (南アフリカ)、ポルトビエホ (エクアドル)、揚州市 (中国)

3.申請方法及び選考手続き

 申請都市は、期日までに、ユネスコ所定の申請書をユネスコへ提出する。申請する際、申請都市が所属する国のユネスコ国内委員会からの承認状等を添付する。クリエイティブシティーズネットワークへの加盟は、担当部局の専門家とNGOや大学、登録都市の専門家等外部からの助言を得て、ユネスコ事務局長が決定する。

(参考)ユネスコHPでの結果発表(※ユネスコのホームページへリンク(英語))




お問合せ先

国際統括官付

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:令和元年11月 --