ここからサイトの主なメニューです

日本ユネスコ国内委員会

ユネスコエコパークへの登録について~第29回人間と生物圏(MAB)計画国際調整理事会での審議結果~

平成29年6月15日

ユネスコが実施する生物圏保存地域*(国内呼称:ユネスコエコパーク)に関して、我が国からユネスコに推薦していた「祖母(そぼ)・傾(かたむき)・大崩(おおくえ)」(大分県、宮崎県)及び「みなかみ」(群馬県、新潟県)について、パリで開催された第29回人間と生物圏(MAB)計画国際調整理事会において6月14日(水曜日)に審議が行われ、登録することが決定されました。

* 英名:Biosphere Reserves (BR)

(同時発表:農林水産省、環境省)

ユネスコエコパーク事業の概要、登録地域の概要は、別添資料のとおり。

ユネスコエコパーク登録に関するこれまでの経緯

  • 2016年(平成28年)8月 日本ユネスコ国内委員会MAB計画分科会において推薦を決定
  • 2016年(平成28年)9月 日本ユネスコ国内委員会を通じて推薦書をユネスコに提出
  • 2017年(平成29年)5月 人間と生物圏国際諮問委員会による勧告の公表(HP上)
  • 2017年(平成29年)6月 ユネスコMAB計画国際調整理事会において登録を決定

<別添資料>

お問合せ先

国際統括官付(日本ユネスコ国内委員会事務局)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成29年06月 --