ここからサイトの主なメニューです

日本ユネスコ国内委員会

ユネスコ女子と女性の教育賞2016の募集について

1. 概要

 ユネスコ女子と女性の教育賞は、女子と女性の教育の推進に貢献した個人、団体又はNGOに与えられる賞であり、2015年10月の第197回ユネスコ執行委員会で創設が承認されたものです。中国政府の支援により2016年から2020年まで毎年2件の受賞者に各50,000 USドルが贈られ、今年の授賞式は中国で行われる予定です。この賞は持続可能な開発目標(SDGs)の2つの目標へも貢献するものです(目標4:すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する、目標5:ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う)。

2. ユネスコへの推薦

 ユネスコ加盟国又はユネスコと公的な協力関係にあるNGOが、各国国内委員会との協議により、推薦案件をユネスコ事務局長に提出します。

3. ユネスコにおける選考

 ユネスコが選んだ5名から成る審査会が審査を行い、ユネスコ事務局長が受賞を決定します。

4. 応募

 (1)応募資格

 女子と女性の教育の支援や推進のために優れたイノベーションや重要な貢献を行っていること。女子と女性の教育の発展を効果的に推進した個人、団体又はNGOが受賞対象となります。

 (2)応募方法

 応募者はユネスコ女子と女性の教育賞のホームページをよくお読みいただき、日本ユネスコ国内委員会の下記連絡先までEメールにて申請書を提出してください。

 1.申請書:本ページ最下部の[様式1]をダウンロードしてください(英語で記入)
 
 2.関連資料:申請書はビデオ、出版物、CD-ROMなど関連のある資料の添付が奨励されます
 ※電子媒体で送付できないものは郵送にて提出ください(平成28年4月15日必着)。提出物の返却はいたしませんのであらかじめ御了承ください。
<提出先>
 〒100-8959
 東京都千代田区霞が関3-2-2
 文部科学省国際統括官付内
日本ユネスコ国内委員会事務局

 E-mail:jpnatcom@mext.go.jp
 ※1 メールのタイトルは「【個人名、団体名またはNGO名】ユネスコ女子と女性の教育賞」としてください。
 ※2 添付ファイルの容量が大きい場合(概ね10メガを超える場合)は、別途、大容量ファイル送信の方法をご連絡いたします。

(3)提出期限

 平成28年4月15日(金曜日)

5. お問合せ先

文部科学省国際統括官付ユネスコ第二係
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2 TEL:03-5253-4111(内線3402) FAX:03-6734-3679
E-mail:jpnatcom@mext.go.jp

関連ホームページ
ユネスコ女子と女性の教育賞について(※ユネスコのホームページへリンク)


お問合せ先

国際統括官付

Word Viewer 2003のダウンロード(外部サイト)

Word形式のファイルを御覧いただく場合には、Microsoft Wordが必要です。
Microsoft Wordをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成28年04月 --