ここからサイトの主なメニューです

日本ユネスコ国内委員会

第8回ユネスコ・ユースフォーラム(2013年10月パリ)参加者の募集(2013年8月9日締切)

 ユネスコ・ユースフォーラムは隔年で開催されるユネスコ総会に先駆けてパリのユネスコ本部で開催され、様々なグローバルな課題に関し各国のNGO団体等から推薦された若者たちが意見交換を行い、共に解決策を探る貴重なフォーラムとなっています。

 日本ユネスコ国内委員会では、本フォーラムの参加者を募集します。応募される方は、以下の応募資格や必要とされる書類等について御確認の上、平成25年8月9日(金曜日)(必着)までに日本ユネスコ国内委員会事務局へ応募書類を提出してください。

1.主催

ユネスコ

2.期間

2013年10月29日(火曜日)~31日(木曜日)

3.場所

パリ(フランス)

4.テーマ

『若者と社会包容:市民参加、対話、技能開発』

本テーマの3つの柱
(1)若者の参加による政策形成・評価
(2)成人期への移行のための能力開発
(3)市民参加・民主的参加・社会変革

5.主な活動

(1)ワーキンググループ会合
(2)地域ワーキンググループ会合
(3)能力開発ワークショップ/マンツーマンのコーチング・メンター
(4)同時開催サイドイベント(写真や映像等を使用しての個々の発表)

6.応募資格

以下の各号に該当する者
(1)18歳~24歳の者
(2)青少年団体(青少年が主催する、又は青少年の活動に力を入れている団体)に所属し、青少年関係の活動に携わっている者
(3)プロジェクトマネジメントの経験を有する者
(4)英語で論理的に意思疎通ができる者
(5)過去に本フォーラムに参加した経験のない者

7.募集人数

1名

8.参加経費

参加費なし。日本・パリ間の往復航空運賃、国内移動費、現地滞在費及び日当は、文部科学省が負担。

9.応募書類

(1)申請書(別添 APPLICATION FORM)
(2)履歴書
(3)志望書
(4)所属青少年団体からの推薦書
(5)所属青少年団体の公式文書(団体ビジョン、ミッション、活動分野・内容等)
(6)プロジェクトマネジメント経験が分かる文書

※全て英語で作成すること。
※(2)~(6)は、様式自由。

10.応募方法

9.の応募書類一式を応募者本人が直接12.の書類提出先及び問合せ先までEメールにて御提出ください。その際、提出後から8月9日までの間、必ずすぐに連絡がつく連絡先(メールアドレスや携帯電話番号等)を記入してください。

11.応募締切

平成25年8月9日(金曜日)必着

12.書類提出先及び問合せ先

日本ユネスコ国内委員会事務局
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
電話:03-6734-3402  Eメール:jpnatcom@mext.go.jp

13.日本ユネスコ国内委員会における選考

提出いただいた書類をもとに、日本ユネスコ国内委員会において書類審査を実施した上主催者への推薦の採否を御連絡いたします。

14.第8回ユネスコ・ユースフォーラムの詳細

詳細についてはユネスコ本部ホームページ(※ユネスコ本部ホームページへリンク)を御確認ください。

15.アクション・プロジェクト

アクション・プロジェクトは、世界各国の若者(18歳~35歳まで)から募集され、最終的に第8回ユネスコ・ユースフォーラムで選定されます。選ばれたプロジェクトは第37回ユネスコ総会で紹介され、同フォーラムの認定プロジェクトとして実施することができます。

詳細についてはUNESCO launches a call for projects driven by young people(※ユネスコ本部ホームページへリンク)を御確認ください。また、申請を希望される場合は、このサイトから直接行ってください。

16.その他

(1)本フォーラム終了後は、必ず現地での活動内容を含めた参加報告書の提出をお願いいたします。また、その他記事作成等の御協力をお願いする場合があります。
(2)文部科学省及び日本ユネスコ国内委員会では本フォーラムにおける事故等に関して一切の責任を負うことはできません。

お問合せ先

国際統括官付

Excel Viewer 2003のダウンロード(外部サイト)

Excel形式のファイルを御覧いただく場合には、Microsoft Excelが必要です。
Microsoft Excelをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成25年07月 --