連休登山の事故防止について(通知)

29ス庁第74号
平成29年4月18日


各都道府県知事
各都道府県教育委員会教育長
各国立大学法人学長
各公私立大学長
各公私立短期大学長  殿
各国立大学法人附属高等学校長
各株式会社立高等学校長
各国公私立高等専門学校長
公益財団法人全国高等学校体育連盟会長


スポーツ庁次長
 髙橋 道和

(印影印刷)

連休登山の事故防止について(通知)

 

 登山事故の防止については、例年関係方面の御協力を頂いているところですが、大型連休前後の春山においても、天候に関する不適切な判断、不十分な装備、体力的に無理な計画の立案などに起因する遭難事故が発生し、例年、死亡・行方不明者の比率も比較的高いことから、事故防止について万全の措置が必要です。
 この時期、ふもとは初夏の装いでも、山では天候が急変すれば降雪や吹雪もあり、冬山に様変わりします。登山コースの周辺には雪が残っている場合もあり、雪崩にも注意が必要です。
 近年、スキー場管理地以外の雪山において警告表示等に従わずスキーやスノーボードを行い、遭難するケースが多発しています。このようないわゆるバックカントリースキーは、冬山登山と同様に十分な知識・技能・装備が求められるものであり、安易な行動は厳に慎む必要があります。
 また、火山には、噴気や火山ガスが発生している危険な場所があります。登山する山が火山の場合には、気象庁や各都道府県等が発表している最新の情報を入手し、十分に注意する必要があります。

 ついては、別添の参考資料を関係機関・団体及び関係者に周知の上密接な協力の下に、この趣旨を登山者に周知徹底され、事故防止に万全を期されるよう御配慮願います。
 なお、各都道府県知事におかれては、域内の市区町村及び所轄の私立高等学校に、各都道府県教育委員会教育長におかれては、域内の市区町村教育委員会、所轄の公立高等学校及び都道府県山岳団体に対して周知されるよう御配意願います。
 さらに、各都道府県及び各都道府県教育委員会におかれては、登山活動に関連する部局・課に周知されるとともに、市区町村及び市区町村教育委員会に通知する際に、市区町村の関連各課にも周知が徹底するよう御配意願います。


                   

 担当 健康スポーツ課
                    電話 03-5253-4111(内線3939)

お問合せ先

スポーツ庁健康スポーツ課

電話番号:03-5253-4111(内線3939)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(スポーツ庁健康スポーツ課)

-- 登録:平成29年04月 --