ここからサイトの主なメニューです

光技術を利用した大深度ボアホール用地震地殻変動観測装置の開発

課題番号:1440

(1)実施機関名:

東京大学 地震研究所

(2)研究課題(または観測項目)名:

光技術を利用した大深度ボアホール用地震地殻変動観測装置の開発

(3)最も関連の深い建議の項目:

3.(3)ウ.大深度ボアホールにおける計測技術

(4)その他関連する建議の項目:

3.(1)ア.海底地殻変動観測技術

(5)平成20年度までの関連する研究成果(または観測実績)の概要:

 レーザー干渉計測を利用したボアホール傾斜計を開発し、陸上の観測井内で長期観測を実施した。その結果、従来の水管傾斜計に劣らない性能を確認した。また、光ファイバーを利用したボアホール広帯域地震計・傾斜計を開発した。試験観測を実施し性能を評価した。さらに、上記の用途で陸上や海底で使用可能な安定化レーザー光源を開発した。

(6)本課題の5ヶ年の到達目標:

 レーザー技術を利用した大深度ボアホール内における広帯域地震計測・傾斜計測法の開発を行う。

(7)本課題の5ヵ年計画の概要:

 平成21年度においては、大深度ボアホールの高温環境下で使用可能な部品の選定や基礎測定を実施する。具体的には高温・耐振動対応のセンサ部・光ファイバーケーブル・光学素子の仕様(材質、目標精度等)の決定や個別部品の特性の測定をおこなう。
 平成22年度においては、前年度に選定した部品を組み合わせ、観測機器として動作可能な状態に組み上げる。
 平成23年度においては、組み上げた装置の精度や高温・耐振動特性などを評価する。
 平成24年度においては、前年度の結果を受けて、問題点を改良する。
 平成25年度においては、高温試験、ボアホール観測を実施し、大深度ボアホールで観測可能であることを実証する。

(8)実施機関の参加者氏名または部署等名:

東京大学地震研究所 新谷昌人、高森昭光、堀輝人

他機関との共同研究の有無:無

(9)公開時にホームページに掲載する問い合わせ先

 部署等名:東京大学地震研究所
 電話:
 e‐mail:
 URL:

お問合せ先

研究開発局地震・防災研究課

(研究開発局地震・防災研究課)

-- 登録:平成22年02月 --