ここからサイトの主なメニューです

噴火に伴うマグマ中の揮発性成分変化に関する研究

課題番号:1430

(1)実施機関名:

東京大学地震研究所

(2)研究課題(または観測項目)名:

噴火に伴うマグマ中の揮発性成分変化に関する研究

(3)最も関連の深い建議の項目:

2 地震・火山現象解明のための観測研究の推進
(4)地震発生・火山噴火素過程
エ.マグマの分化・発泡・脱ガス過程

(4)その他関連する建議の項目:

2 地震・火山現象解明のための観測研究の推進
(2)地震・火山噴火に至る準備過程
(2‐2)火山噴火準備過程
イ.噴火履歴とマグマの発達過程

(5)平成20年度までの関連する研究成果(または観測実績)の概要:

「新規研究」

(6)本課題の5ヶ年の到達目標:

 火山噴出物やメルト包有物等の分析及び室内実験により,噴火前と噴火中のマグマ移動に伴う揮発性成分(H2O, CO2)の挙動を明らかにする.この知見に基づき,マグマの上昇や脱ガス・発泡といった噴火の諸プロセスの発生時間と発生場所を火山噴出物から高精度で読み出す方法の確立を目指す.

(7)本課題の5ヵ年計画の概要:

平成21年度においては,真空型顕微FTIRを用いた揮発性成分濃度定量方法を確立する.

平成22年度においては,国内の幾つかの代表的な活動的火山の噴出物について,メルト包有物の分析から,噴火前のマグマ中の揮発性成分濃度を明らかにする.

平成23年度においては,平成22年度に引き続き,国内の幾つかの活動的火山の噴出物について,メルト包有物の分析から,噴火前のマグマ中の揮発性成分濃度を明らかにする.

平成24年度においては,噴火の経緯が明瞭に判明している幾つかの噴火の噴出物について,噴火の進行に伴うマグマ中の揮発性成分濃度変化を調べる.

平成25年度においては,噴出物中の揮発性成分量の変化と噴火の諸プロセスの発生場所や推移との関係について,それまでに得られた知見を総合する.

(8)実施機関の参加者氏名または部署等名:

東京大学地震研究所 安田敦
他機関との共同研究 産業技術総合研究所

他機関との共同研究の有無:
なし

(9)公開時にホームページに掲載する問い合わせ先

部署等名:東京大学地震研究所
電話:03‐5841‐5752
e‐mail:
URL:

お問合せ先

研究開発局地震・防災研究課

(研究開発局地震・防災研究課)

-- 登録:平成22年02月 --