ここからサイトの主なメニューです

資料5:障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律について

1 経緯

(1)自民党・公明党・みんなの党案が平成21年11月に提出され、今国会まで継続審議。

(2)公明党が障害者基本法改正を了承するにあたり、本法案の成立を求めたもの。

(3)民主党・自民党・公明党・みんなの党が調整を行った結果、以下の内容となった。

(4)平成23年6月14日に衆議院厚生労働委員長から提出され、全会一致で可決。6月17日の参議院本会議で全会一致で可決、成立。

(5)平成23年6月24日公布、施行。

2 概要(教育関係部分)

(1)障害者虐待を定義。(○1 養護者、○2 障害者福祉施設従事者等、○3 使用者による障害者虐待)

(2)障害者福祉施設・学校等による障害者虐待の早期発見、啓発活動や障害者虐待を受けた障害者の保護及び自立の支援のための国等の施策への協力を努力義務。

(3)学校の長に対し、研修の実施及び普及啓発、相談体制の整備、就学する障害者に対する虐待に対処するための措置その他必要な措置を講ずることを義務付け。

お問合せ先

初等中等教育局特別支援教育課

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(初等中等教育局特別支援教育課)

-- 登録:平成23年08月 --