ここからサイトの主なメニューです

資料9:国立特別支援教育総合研究所提出資料

特別支援教育の在り方に関する特別委員会(第10回)における
質問事項に対する回答(追加)

 特別支援教育の在り方に関する特別委員会(第11回)におけるイギリスについての質問事項に対する回答の説明において、就学に関する規定の出典をEducation Act 1996としていましたが、正しくはSpecial Educational Needs and Disability Act 2001が出典であったため、以下のとおり出典及び原文を再提出します。

Special Educational Needs and Disability Act 2001の就学に関する規定の原文(抜粋)

316 Duty to educate children with special educational needs in mainstream schools

(1)This section applies to a child with special educational needs who should be educated in a school.

(2)If no statement is maintained under section 324 for the child, he must be educated in a mainstream school.

(3)If a statement is maintained under section 324 for the child, he must be educated in a mainstream school unless that is incompatible with-

    (a)the wishes of his parent, or
    (b)the provision of efficient education for other children.

(4)In this section and section 316A “mainstream school” means any school other than-

    (a)a special school, or
    (b)an independent school which is not-

      (i)a city technology college,
      (ii)a city college for the technology of the arts, or
      (iii)a city academy.

下線部訳(国立特別支援教育総合研究所において翻訳したもの)

(3)子どもは、第324条に基づいてステートメントが維持されている場合、以下に反することがない限り、通常の学校で教育を受けなければならない。

    (a)子どもの親の希望、又は
    (b)他の子どもたちに対する効果的な教育の提供

お問合せ先

初等中等教育局特別支援教育課

(初等中等教育局特別支援教育課)

-- 登録:平成23年11月 --