ここからサイトの主なメニューです

資料4:特別支援教育関係調査の結果等について

特別支援教育関係調査の結果等について

 

1.特別支援教育の対象(各年5月1日現在)

(1)特別支援学校(幼稚部・小学部・中学部・高等部)における在籍者の推移  ※図1

平成20年

112,334人

平成21年

117,035人

平成22年

121,815人

(2)小・中学校における特別支援学級数及び在籍者数の推移  ※図2

平成20年

40,004学級

124,166人

平成21年

42,067学級

135,166人

平成22年

44,010学級

145,431人

(3)小・中学校における通級による指導対象児童生徒数の推移  ※図3

平成20年

49,685人
 (うち言語障害29,860人、自閉症7,047人、学習障害3,682人、注意欠陥多動性障害3,406人)

平成21年

54,021人
 (うち言語障害30,390人、自閉症8,064人、学習障害4,726人、注意欠陥多動性障害4,013人) 

平成22年

60,637人
 (うち言語障害31,066人、自閉症9,148人、習障害6,655人、注意欠陥多動性障害5,798人) 

(4)特別支援学校における医療的ケアが必要な幼児児童生徒数(平成22年度)  ※図4

幼稚部

48人

小学部

3,696人

中学部

1,737人

高等部

1,825人

7,306人

 

2.幼稚園、小・中学校、高等学校の状況(各年9月1日現在)

(1)国公私立計・幼小中高別・項目別実施率(平成22年度)(%)  ※図5

    • 校内委員会の設置(幼48.5、小99.3、中95.3、高80.8)
    • 実態把握(幼89.1、小98.3、中92.8、高72.5)
    • 特別支援教育コーディネーターの指名(幼56.4、小99.3、中94.8、高79.1)
    • 個別の指導計画の作成(幼37.0、小87.3、中76.3、高16.9)
    • 個別の教育支援計画の作成(幼28.1、小64.1、中58.4、高14.0)
    • 巡回相談員の活用(幼67.6、小80.6、中63.8、高35.8)
    • 専門家チームの活用(幼50.7、小54.9、中44.3、高25.0)
    • 特別支援教育に関する教員研修の受講(幼46.4、小72.7、中55.3、高41.7)

(2)公立小中計・項目別実施率(平成20~22年度)(%)  ※図6

    • 校内委員会の設置(平成20年度:99.7、平成21年度:99.9、平成22年度:99.9)
    • 実態把握(平成20年度:97.5、平成21年度:97.6、平成22年度:98.1)
    • 特別支援教育コーディネーターの指名(平成20年度:99.8、平成21年度:99.9、平成22年度:99.9)
    • 個別の指導計画の作成(平成20年度:80.9、平成21年度:83.7、平成22年度:86.2)
    • 個別の教育支援計画の作成(平成20年度:52.3、平成21年度:58.6、平成22年度:64.0)
    • 巡回相談員の活用(平成20年度:72.8、平成21年度:75.3、平成22年度:76.8)
    • 専門家チームの活用(平成20年度:43.8、平成21年度:48.1、平成22年度:52.3)
    • 特別支援教育に関する教員研修の受講(平成20年度:60.2、平成21年度:64.1、平成22年度:67.8)

 

3.就学指導委員会等について

(1)小学校・特別支援学校就学予定者(新第1学年)として市町村就学指導委員会等の調査・審議の対象となった者の数の推移  ※図7

平成20年度

33,022人

平成21年度

37,480人

平成22年度

37,055人

(2)平成22年度小学校・特別支援学校就学予定者(新第1学年)として平成21年度に市町村就学指導委員会等の調査・審議の対象となった者の就学先等の状況  ※図8

就学基準に該当

8,713人

    うち特別支援学校に就学

    5,916人(67.9%)

    うち小学校に就学

    2,774人(31.8%)

    うちその他

    23人(0.3%)

就学基準に非該当

28,342人

(参考)小中学校における認定就学者数(各年5月1日現在)

平成15年

小学校(1~6学年)

957人

中学校(1~3学年)

323人

323人

平成20年

小学校(1~6学年)

1,899人

中学校(1~3学年)

662人

2,561人

 

4.教員の専門性の向上

(1)特別支援学校教員の免許状保有率(各年5月1日現在)  ※図9

平成20年度

教員全体69.0%

うち新規採用者60.0%

平成21年度

教員全体69.5%

うち新規採用者61.3%

平成22年度

教員全体70.0%

うち新規採用者60.3%

(2)特別支援学級担当教員の特別支援学校教諭免許状保有率(各年5月1日現在)  ※図10

平成20年度

小学校33.8%

中学校28.0%

合計32.0%

平成21年度

小学校33.3%

中学校27.9%

合計31.6%

平成22年度

小学校33.0%

中学校27.4%

合計31.3%

(3)特別支援教育に関する教員研修の受講状況(平成22年9月1日現在)  ※図11

    ○1 国公私立幼小中高計・教員研修受講率
      受講済 584,276人(58.1%)、未受講 421,386人(41.9%)

    ○2 国公私立幼小中高計・管理職研修受講率
      受講済 69,076人(70.3%)、未受講 29,225人(29.7%)

 

お問合せ先

初等中等教育局特別支援教育課

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(初等中等教育局特別支援教育課)

-- 登録:平成23年05月 --