ここからサイトの主なメニューです

新しい時代に対応した統計調査の推進に関する検討会 要綱

平成16年6月29日
生涯学習政策局長決定

 平成21年1月19日改正
平成21年6月1日改正
平成21年7月1日改正
平成22年6月15日改正
平成23年6月28日改正
平成24年4月2日改正

1.趣旨

 新しい時代に対応した教育統計調査の在り方についての検討を行うとともに、文部科学省所管の基幹統計調査等の評価及び分析並びにその結果を踏まえた見直しや、平成21年3月に統計法に基づき策定された「公的統計の整備に関する基本的な計画」において指摘されている文部科学省に関連のある統計調査に関する課題への対応等、今後の教育統計調査の諸課題に的確に対応するため、有識者による意見交換等を行う。

 

 2.検討事項

 (1)「教育統計調査の在り方」関連

   「教育振興基本計画」を踏まえ、エビデンスベースの政策立案に資するための教育統計調査の在り方を検討するとともに、教育統計調査の体系的整備を推進するための計画を検討する。

 (2)「基幹統計調査等の評価・分析及び見直し」関連

  文部科学省で実施している基幹統計調査等の評価・分析を実施し、その結果を踏まえて、必要となる当該調査の見直しや新規調査の検討を行う。 

 (3)「公的統計の整備に関する基本的な計画」関連等

  1 「公的統計の整備に関する基本的な計画」において対応が求められている教育関連分野に関しての対応を行う。

  2 統計法に規定された統計データの二次利用等への対応を行う。

  (4)その他

  その他社会の変化に対応した教育統計調査の在り方等に関する検討を行う。

 

3.実施時期

 平成24年4月2日から平成25年3月31日までとする。

 

4.実施方法

 別紙1の者の協力を得て、上記2に掲げる事項について検討を行うものとする。また、別紙2の者の協力を得て、上記2(2)に掲げる事項についての検討を行うため、本検討会の下に「生涯学習に関するデータの集積の在り方に関する部会」を設置する。なお、本検討会以外の者の協力を得ることができるものとする。

 

5.議事の取扱い

 議事については、議事概要等をホームページに掲載する。

6.その他

 (1)本検討会の庶務は関係局課の協力を得て、生涯学習政策局調査企画課において処理する。

 (2)検討会出席に係る経費は、文部科学省において負担する。

別紙 委員名簿

新しい時代に対応した統計調査の推進に関する検討会 委員名簿

お問合せ先

生涯学習政策局政策課

-- 登録:平成21年以前 --