ここからサイトの主なメニューです

英語教育の在り方に関する有識者会議の設置について

平成26年2月4日
初等中等教育局長決定

1 設置の趣旨

 初等中等教育段階からグローバル化に対応した教育環境づくりを進めるため、小学校における英語教育の拡充強化、中・高等学校における英語教育の高度化など、小・中・高等学校を通じた英語教育全体の抜本的充実を図ることが必要である。
 2020年(平成32年)の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、新たな英語教育が本格展開できるように、2014年度から逐次、改革を推進するための「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」が2013年12月13日に文部科学省により公表された。
 同計画において示された方向性について、その具体化に向けて、専門的な見地から検討を行うため、本有識者会議を設置する。

2 検討事項

(1)英語教育に関する現状の成果と課題
(2)小中高を通じた英語教育の目標・内容及び評価
(3)小学校における英語教育の在り方
(4)今後の英語教育における教材の在り方
(5)今後の英語教育における指導体制の在り方

3 実施方法

(1)別紙の有識者の協力を得て,「2.検討事項」に掲げる事項について検討を行う。
(2)必要に応じて,別紙以外の関係者にも協力を求めることができる。 
(3)必要に応じて,小委員会を設置して検討を行うことができるものとする。

4 設置期間

検討会議は,「2.検討事項」に係る検討が終了したときに廃止する。

5 その他

(1)この検討会議に関する庶務は,初等中等教育局国際教育課において行う。
(2)その他会議の運営に関する事項は,必要に応じ本会議に諮って定める。

お問合せ先

初等中等教育局国際教育課外国語教育推進室

(初等中等教育局国際教育課外国語教育推進室)

-- 登録:平成26年02月 --