ここからサイトの主なメニューです

資料10 『24時間いじめ相談ダイヤル』について

平成19年度予算 9億3千万円(補助率1/3)
※2/3については交付税措置

1.全国統一の『24時間いじめ相談ダイヤル』の設置

  子どもたちが全国どこからでも、夜間・休日を含めて、いつでもいじめ等の悩みをより簡単に相談することができるよう、全国統一の電話番号により全都道府県及び指定都市教育委員会で実施。下記のダイヤルに電話すれば、原則として電話をかけた所在地の教育委員会の相談機関に接続。

  24時間いじめ相談ダイヤル 0570-0-78310(なやみ言おう)

2.全都道府県・指定都市の電話相談窓口の24時間体制化

  子どもたちの電話相談を夜間・休日を含めて24時間対応を可能とするための体制を全都道府県及び指定都市教育委員会において整備。
  なお、都道府県及び指定都市教育委員会の実状により、児童相談所・警察・いのちの電話協会・臨床心理士会等、様々な相談機関と連携協力。

3.電話相談窓口紹介カードの配付

  国・公・私立の小学校、中学校、特別支援学校(盲・聾・養護学校)の全児童生徒に電話相談窓口紹介カードを作成・配付。

2月及び3月の相談件数

  〔2月7日(水曜日)15時~3月31日(土曜日)24時の50日間〕

  総利用回数18,410件(うち夜間・休日 10,190件 55.4パーセント

  • うち 相談回数 8,767件(うち夜間・休日 4,691件 53.5パーセント)
  • 呼出中放棄 6,006件(うち夜間・休日 3,374件 56.2パーセント)
  • 通話中等 3,637件(うち夜間・休日 2,125件 58.4パーセント)

  ※ この他に日中、夜間の別などが把握できない、2月28日~3月2日の利用回数 983件がある。これを含めた場合、総利用回数19,393件

お問合せ先

初等中等教育局児童生徒課

-- 登録:平成21年以前 --