ここからサイトの主なメニューです

特別支援教育の推進に関する調査研究協力者会議について

平成20年7月28日
初等中等教育局長決定

1.趣旨

 障害のある幼児児童生徒一人一人の教育的ニーズを把握し、それに対応した適切な教育、支援を行うことを目指し、平成19年度から新たな特別支援教育制度がスタートしたところであるが、幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校等における特別支援教育の推進体制には、なお多くの課題がある。また、新たな特別支援教育制度への移行を提言した平成17年12月の中央教育審議会答申において、障害のある児童生徒の就学の在り方など更なる検討を要するとされた課題もあり、特別支援教育の実施状況を評価しつつ、特別支援教育の具体的な推進方策について、検討を行うこととする。

2.検討事項

  • (1) 幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校等における特別支援教育の推進体制の整備について
  • (2) 乳幼児期から学校卒業後まで一貫した支援について
  • (3) 障害のある児童生徒の就学について
  • (4) その他

3.実施方法

 別紙の学識経験者等の協力を得て、上記の調査研究を行う。
 なお、必要に応じ、別紙以外の者にも協力を求めることができる。

4.実施期間

 平成20年7月28日から平成22年3月31日までとする。

5.その他

 本調査研究協力者会議に関する庶務は、初等中等教育局特別支援教育課において処理する。

(初等中等教育局特別支援教育課)

-- 登録:平成21年以前 --