ここからサイトの主なメニューです

総合学科の今後の在り方について~個性と創造の時代に応える総合学科の充実方策~ (報告)

平成12年1月20日
総合学科の今後の在り方に関する調査研究協力者会議


  

これ以降のページをご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。
AcrobatReaderをお持ちでない方は下のアイコンを押して入手して下さい。

GET Acrobat Reader


 

 

目      次 

  

はじめに

1  総合学科の現状
    1  総合学科の設置状況
    2  教育課程の実施状況
    3  入学者選抜の実施状況及び卒業生の進路状況


2  総合学科の評価と課題
    1  総合的な意識調査の結果
    2  総合学科の評価
    3  総合学科の更なる充実に向けての課題

3  総合学科の整備についての基本的考え方
    1  総合学科の果たすべき役割
    2  整備目標の早急な実現
    3  今後の整備の進め方

4  総合学科の充実方策
    1  多様で魅力ある科目開設の推進
    2  生徒一人一人に対応した進路学習やキャリア・カウンセリングの充実
    3  きめ細かい生徒指導や学校への適応指導の充実
    4  入学者選抜の工夫改善
    5  大学における入学者選抜の改善
    6  地域や産業界とのパートナーシップの確立
    7  総合学科に対する理解促進
    8  国や設置者による支援

    資料1     意識調査の結果
    資料2     総合学科(公立)の整備状況
   資料3-1  コラム「制服が違うわけ〜隣の学校との学校間連携〜」
              (岩手県立岩谷堂高等学校長    畠中  祥夫)
   資料3-2   コラム「キャリア・カウンセラーの仕事」
              (東京都立晴海総合高等学校教諭 キャリア・カウンセラー    大池  公紀)
   資料3-3   コラム「総合学科と地域との連携」
              (北海道清水高等学校長    佐々木  護)
   資料4    「総合学科卒業生選抜及び推薦入学による大学進学者の進学後
               の状況について」 

   委員名簿

    要旨1

   要旨2

  

-- 登録:平成21年以前 --