ここからサイトの主なメニューです

ICFA Statement on the ILC Operating at 250 GeV as a Higgs Boson Factory(付日本語訳)

ICFA Statement on the ILC Operating at 250 GeV as a Higgs Boson Factory


The discovery of a Higgs boson in 2012 at the Large Hadron Collider(LHC) at CERN is one of the most significant recent breakthroughs in science and marks a major step forward in fundamental physics. Precision studies of the Higgs boson will further deepen our understanding of the most fundamental laws of matter and its interactions.


The International Linear Collider(ILC) operating at 250 GeV center-of-mass energy will provide excellent science from precision studies of the Higgs boson. Therefore, ICFA considers the ILC a key science project complementary to the LHC and its upgrade.
ICFA welcomes the efforts by the Linear Collider Collaboration on cost reductions for the ILC, which indicate that up to 40% cost reduction relative to the 2013 Technical Design Report(500 GeV ILC) is possible for a 250 GeV collider.


ICFA emphasizes the extendibility of the ILC to higher energies and notes that there is large discovery potential with important additional measurements accessible at energies beyond 250 GeV.


ICFA thus supports the conclusions of the Linear Collider Board(LCB) in their report presented at this meeting and very strongly encourages Japan to realize the ILC in a timely fashion as a Higgs boson factory with a center-of-mass energy of 250 GeV as an international project(※1), led by Japanese initiative.


※1 In the LCB report the European XFEL and FAIR are mentioned as recent examples for international projects.

Ottawa, November 2017


ILCの「ヒッグス・ファクトリー」としての250ギガ電子ボルト運転に関する国際将来加速器委員会(ICFA)の声明


欧州合同原子核研究機関(CERN)の大型ハドロンコライダー(LHC)で2012年にヒッグス粒子が発見されたことは、近年の科学における最も重要なブレークスルーの1つであり、基礎物理学の大きな一歩と成りました。ヒッグス粒子を精密に研究することにより、物質とその相互作用の最も基本的な法則の理解がさらに深まるでしょう。


250ギガ電子ボルト(GeV)の重心系エネルギーで運用する国際リニアコライダー(ILC)は、ヒッグス粒子の精密測定により素晴らしい科学成果をもたらすでしょう。したがって、国際将来加速器委員会(ICFA)は、ILCを、LHCとそのアップグレード計画とは相補的な役割を果たす重要な科学プロジェクトと認識しています。


ICFAは、ILCのコスト削減に関するリニアコライダー・コラボレーションの取り組みを歓迎しています。これは、250 GeV加速器が、2013に発行した技術設計報告書(500 GeVの加速器)に比べて最大40%のコスト削減が可能であることを示しています。


ICFAは特に、リニアコライダーの高エネルギーへの拡張性を重視しており、250GeVを超えるエネルギー領域で行うことが可能となる追加の測定で、大きな発見の可能性があることに注目しています。


ICFAは、今回の委員会で示された、リニアコライダー計画推進委員会(LCB)の報告書の結論を支持しており、日本が、日本のイニシアチブによる国際プロジェクト(※1)として、重心系エネルギー250GeVの「ヒッグス・ファクトリー」のILCを、時宜を得て実現することを強く奨励します。


脚注[1]LCB報告書では、国際的なプロジェクトの最近の例として、欧州のXFELとFAIRが挙げられている。


オタワ、2017年11月


日本語訳出典:高エネルギー加速器研究機構ホームページ

お問合せ先

研究振興局基礎研究振興課素粒子・原子核研究推進室

(研究振興局基礎研究振興課素粒子・原子核研究推進室)

-- 登録:平成30年02月 --