ここからサイトの主なメニューです

参考資料1 「学事暦の多様化とギャップタームに関する検討会議」の設置について

平成25年9月4日
文部科学大臣 決定
平成26年3月27日 改正

1.趣旨
 教育再生実行会議第三次提言「これからの大学教育等の在り方について」(平成25年5月28日)を踏まえて,産学官を始めとする関係者が,学事暦の多様化とギャップタームの推進に向けた環境整備の在り方について検討し,実施に向けた着実な取組を行うため,学事暦の多様化とギャップタームに関する検討会議(以下「検討会議」という。)を設ける。

2.検討事項
 検討会議は,学事暦の多様化とギャップタームに関し,次の事項について検討を行う。
(1)学事暦の多様化とギャップターム推進の理念
(2)ギャップターム期間中の活動
(3)学事暦の多様化とギャップタームの推進のための制度設計と支援内容
(4)その他学事暦の多様化とギャップタームに関し必要な事項

3.実施方法
(1)検討会議は,別紙に掲げる委員により構成する。なお,やむを得ない事情のある場合は,代理者が出席することができる。
(2)必要に応じ,別紙の委員に加えて,他の有識者を参画させることができる。

4.委嘱期間
 委員の委嘱期間は,設置の日から平成27年3月31日までとする。

5.その他
(1)検討会議に関する庶務は,高等教育局大学振興課が処理する。
(2)この決定に定めるもののほか,検討会議の運営に関する事項は,必要に応じ会議に諮って定める。

 

 

別紙

学事暦の多様化とギャップタームに関する検討会議」委員

(五十音順・敬称略)
◎座長、○座長代理

 浅原 利正   広島大学長

○市村 泰男   一般社団法人日本貿易会常務理事

 川村 隆    株式会社日立製作所取締役会長、一般社団法人日本経済団体連合会副会長・教育問題委員長

 齊藤 斗志二  公益社団法人全国スポーツ推進委員連合会長、元臨時教育審議会委員

 島村 元紹   株式会社島村楽器代表取締役会長、日本商工会議所教育委員会共同委員長

◎鈴木 典比古  国際教養大学理事長・学長

 砂田 薫    一般社団法人日本ギャップイヤー推進機構協会代表理事、お茶の水女子大学特任講師

 清家 篤    慶應義塾長

 萩原 なつ子  立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授

 秦  由美子  広島大学高等教育研究開発センター教授

 濱田 純一   東京大学総長

 藤沢 久美   シンクタンク・ソフィアバンク代表、文部科学省参与

 船橋 力    株式会社ウィル・シード取締役会長、学校法人河合塾顧問

 宮城 治男   NPO法人ETIC.代表理事、文部科学省参与

 山内 進    一橋大学長


(オブザーバー)

 小林 洋司   全国高等学校長協会 大学入試対策委員長、東京都立桜修館中等教育学校長


(代理者一覧)

 坂越 正樹   広島大学理事・副学長(浅原委員代理)

 小島 孝夫   一般社団法人日本貿易会理事・総務グループ部長(市村委員代理)

 中畑 英信   株式会社日立製作所執行役常務CHRO 兼人財総括本部長(川村委員代理)

 長谷山 彰   慶應義塾大学常任理事(清家委員代理)

 長谷川 壽一  東京大学理事・副学長(濱田委員代理)

 落合 一泰   一橋大学理事・副学長(山内委員代理)

お問合せ先

高等教育局大学振興課大学改革推進室

(高等教育局大学振興課大学改革推進室)

-- 登録:平成26年04月 --