ここからサイトの主なメニューです

科学技術週間の取組等に関する検討会(第7回) 議事要旨

1.日時

平成30年10月24日(水曜日)16時00分~18時00分

2.場所

科学技術・学術政策局会議室1

3.議題

  1. 「一家に1枚」ポスターの状況について(非公開)
  2. 科学技術週間ホームページの構成について
  3. その他

4.出席者

委員

大草委員、滝田委員、冨田委員、八田委員、林委員

文部科学省

坂本人材政策課長、石橋人材政策課長補佐 他

5.議事要旨

○事務局より、資料1「一家に1枚」ポスターの企画について」に基づき、次の「一家に1枚」ポスターのテーマについて説明が行われた。

○事務局より資料2「科学技術週間ホームページの役割について」に基づき、現在の科学技術週間ホームページの現状・問題点の説明が行われたのち、ホームページの構成について議論が行われた。

【主な意見】

  • 最近ではトップページに最新の情報しかないのは珍しい。トップページに最近のサイエンスカフェの様子や、最新のポスターの情報があるのが普通。またアクセスした人がワンクリックで情報が分かるようにするべきで、いろいろ探さないと出てこないサイトは避けるべきである。関連イベントの検索機能の窓もトップページに欲しい。
  • リンクの階層が深いと探せないことも多い。メインコンテンツはトップページに掲載すべきである。科学技術週間ということを考えたとき、メインコンテンツは「一家に1枚」、あと科学技術週間の趣旨を知ってもらうこと。これらはトップページの最初に出すべきである。
  • 検索機能で各科学館へのリンクを張っているなら、あまりリンクページの意味はないかもしれない。
  • 目的によりサイトの活用方法が替わるという観点では、関係行事は一時的なもの、サイエンスカフェは通年のものが混在している。
  • 科学技術週間のホームページと書いてあれば、科学技術週間の前後に見るものだと普通は思うものではないか。「一家に1枚」ポスターが期間外にもあると思ってくる人はいるとは思うが、それ以外に科学技術週間以外の時期に関連イベントがあると期待して見る人はいない。ある程度、閲覧される期間が限定されるのは仕方がない。
  • 期間限定で考えるなら、トップページに次の科学技術週間を告知しておくほうがよい。
  • 早めにトップページに来年の日程をだし、そこを中心に情報を掲載する。期日が決まっているからこそ、見る人はそこを意識できる。むしろ来年はこの時期に行うという情報は出さないと、今が科学技術週間の期間外なのかさえわからなくなる。科学技術週間を盛り上げていくなら、まず日にちを載せるべきである。
  • (現在ホームページ上に書かれている)「4月18日を含む一週間」というのはわかりにくい。明確に何月何日~何日と書かないと分からない。
  • サイエンスカフェについては2か月に一度となると、科学技術週間に縛られていない。科学技術週間のイベントと通年イベントはレイアウトで分けて、見る人が分かるように工夫されていれば良いかと思う。
  • 上部ヘッダー部分のタグに、サイエンスカフェも一緒に並んでいることも違和感がある。サイエンスカフェは、ほかと分けるなど工夫すると良い。
  • (以上を踏まえ、事務局より)トップページに各情報を載せる等、何を提供するホームページか分かりやすくするための改善を行っていきたい。  

○最後に事務連絡があり、閉会した。

お問合せ先

科学技術・学術政策局人材政策課

電話番号:03-6734-4191
ファクシミリ番号:03-6734-4022
メールアドレス:stw@mext.go.jp

(科学技術・学術政策局人材政策課)

-- 登録:令和元年07月 --