ここからサイトの主なメニューです

高等学校卒業程度認定試験合格者の進路状況に関する調査の結果について

平成25年1月16日

  このたび、文部科学省では、平成23年度の高等学校卒業程度認定試験(高卒認定)合格者を対象に、合格後の進路状況について調査を実施し、その結果を取りまとめましたのでお知らせいたします。

調査結果のポイント

(1) 進路状況
 ・合格者の45.0%が大学・短大・専門学校・大学校へ入学(前回調査(18年度)は50.4%)。
前回調査より約5ポイント減少。来年の大学等の受験準備が23.4%、就職が8.9%。
 ・大学への進学を希望して高卒認定を受験した者の42.8%が希望どおり大学へ入学。
同様に短大については50.3%、専門学校については55.4%が、希望どおり入学。

(2) 高卒認定についての意見
 ・高卒認定は高等学校卒業と同等以上の学力を認定するものであることをもっと知られるようにすべきという意見が7割を超えている(75.5%)。

(3) 今後の対応
 ・前回調査と同様に、高卒認定は高等学校卒業と同等以上の学力を認定するものであることをもっと周知すべきという意見が7割を超えており、文部科学省としては今後とも関係機関等への働きかけや周知を充実させていく予定。

調査内容

(1) 調査対象 平成23年度合格者 8,774人
           ※23年度受験実績がない者、4月1日時点で17歳以下の者及び
           平成24年3月2日以降の追加合格者を除く。

(2) 回収結果 有効回収数:2,493人   有効回収率:28.4%

(3) 調査項目 高卒認定試験合格後に出願した学校、合格した学校等

(4) 調査時期 平成24年3月23日~4月16日(回答は3月31日時点で記入)

お問合せ先

生涯学習政策局生涯学習推進課

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(生涯学習政策局生涯学習推進課)

-- 登録:平成25年01月 --