ここからサイトの主なメニューです

令和元年度科学技術基礎調査等委託事業「活断層評価の高度化・効率化ための調査」の採択課題の決定について

令和元年7月10日

文部科学省では、令和元年度科学技術基礎調査等委託事業「活断層評価の高度化・効率化ための調査」について、公募及び所要の審査を経て採択課題を決定しましたので、お知らせいたします。

1. 事業の概要

 地震調査研究推進本部では、マグニチュード7以上の大きな地震を発生させる可能性がある長さ20km 以上の「主要活断層帯」を全国で114指定し、それらの長期評価において地震発生確率を公表しています。本事業では、地形的制約などにより従来の調査手法では地震発生確率が不明とされている活断層を対象に、地震発生確率を算出するためのデータ取得手法の開発及びその効率化を試みます。


2. 決定までの経緯等

 (1) 公募実施期間:平成31年4月17日(水曜日)~令和元年6月14日(金曜日)


 (2) 提案件数:1件


3. 決定した採択課題等

 外部有識者(別紙1)から構成される技術審査会での審査結果を踏まえ、採択課題(別紙2)を決定しました。


お問合せ先

研究開発局 地震・防災研究課

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(研究開発局 地震・防災研究課)

-- 登録:令和元年07月 --