ここからサイトの主なメニューです

現行学習指導要領・生きる力

第2章 各教科 第8節 家庭

第1 目標

 衣食住などに関する実践的・体験的な活動を通して,日常生活に必要な基礎的・基本的な知識及び技能を身に付けるとともに,家庭生活を大切にする心情をはぐくみ,家族の一員として生活をよりよくしようとする実践的な態度を育てる。

第2 各学年の目標及び内容

〔第5学年及び第6学年〕
1 目標
  • (1) 衣食住や家族の生活などに関する実践的・体験的な活動を通して,自分の成長を自覚するとともに,家庭生活への関心を高め,その大切さに気付くようにする。
  • (2) 日常生活に必要な基礎的・基本的な知識及び技能を身に付け,身近な生活に活用できるようにする。
  • (3) 自分と家族などとのかかわりを考えて実践する喜びを味わい,家庭生活をよりよくしようとする実践的な態度を育てる。
2 内容
A 家庭生活と家族
  • (1) 自分の成長と家族について,次の事項を指導する。
    • ア 自分の成長を自覚することを通して,家庭生活と家族の大切さに気付くこと。
  • (2) 家庭生活と仕事について,次の事項を指導する。
    • ア 家庭には自分や家族の生活を支える仕事があることが分かり,自分の分担する仕事ができること。
    • イ 生活時間の有効な使い方を工夫し,家族に協力すること。
  • (3) 家族や近隣の人々とのかかわりについて,次の事項を指導する。
    • ア 家族との触れ合いや団らんを楽しくする工夫をすること。
    • イ 近隣の人々とのかかわりを考え,自分の家庭生活を工夫すること。
B 日常の食事と調理の基礎
  • (1) 食事の役割について,次の事項を指導する。
    • ア 食事の役割を知り,日常の食事の大切さに気付くこと。
    • イ 楽しく食事をするための工夫をすること。
  • (2) 栄養を考えた食事について,次の事項を指導する。
    • ア 体に必要な栄養素の種類と働きについて知ること。
    • イ 食品の栄養的な特徴を知り,食品を組み合わせてとる必要があることが分かること。
    • ウ 1食分の献立を考えること。
  • (3) 調理の基礎について,次の事項を指導する。
    • ア 調理に関心をもち,必要な材料の分量や手順を考えて,調理計画を立てること。
    • イ 材料の洗い方,切り方,味の付け方,盛り付け,配膳(ぜん)及び後片付けが適切にできること。
    • ウ ゆでたり,いためたりして調理ができること。
    • エ 米飯及びみそ汁の調理ができること。
    • オ 調理に必要な用具や食器の安全で衛生的な取扱い及びこんろの安全な取扱いができること。
C 快適な衣服と住まい
  • (1) 衣服の着用と手入れについて,次の事項を指導する。
    • ア 衣服の働きが分かり,衣服に関心をもって日常着の快適な着方を工夫できること。
    • イ 日常着の手入れが必要であることが分かり,ボタン付けや洗濯ができること。
  • (2) 快適な住まい方について,次の事項を指導する。
    • ア 住まい方に関心をもって,整理・整頓(せいとん)や清掃の仕方が分かり工夫できること。
    • イ 季節の変化に合わせた生活の大切さが分かり,快適な住まい方を工夫できること。
  • (3) 生活に役立つ物の製作について,次の事項を指導する。
    • ア 布を用いて製作する物を考え,形などを工夫し,製作計画を立てること。
    • イ 手縫いや,ミシンを用いた直線縫いにより目的に応じた縫い方を考えて製作し,活用できること。
    • ウ 製作に必要な用具の安全な取扱いができること。
D 身近な消費生活と環境
  • (1) 物や金銭の使い方と買物について,次の事項を指導する。
    • ア 物や金銭の大切さに気付き,計画的な使い方を考えること。
    • イ 身近な物の選び方,買い方を考え,適切に購入できること。
  • (2) 環境に配慮した生活の工夫について,次の事項を指導する。
    • ア 自分の生活と身近な環境とのかかわりに気付き,物の使い方などを工夫できること。

第3 指導計画の作成と内容の取扱い

  1. 指導計画の作成に当たっては,次の事項に配慮するものとする。
    • (1) 題材の構成に当たっては,児童の実態を的確にとらえるとともに,内容相互の関連を図り,指導の効果を高めるようにすること。
    • (2) 「A家庭生活と家族」の(1)のアについては,第4学年までの学習を踏まえ2学年間の学習の見通しを立てさせるために,第5学年の最初に履修させるとともに,「A家庭生活と家族」から「D身近な消費生活と環境」までの学習と関連させるようにすること。
    • (3) 「B日常の食事と調理の基礎」の(3)及び「C快適な衣服と住まい」の(3)については,学習の効果を高めるため,2学年にわたって取り扱い,平易なものから段階的に学習できるよう計画すること。
    • (4) 第1章総則の第1の2及び第3章道徳の第1に示す道徳教育の目標に基づき,道徳の時間などとの関連を考慮しながら,第3章道徳の第2に示す内容について,家庭科の特質に応じて適切な指導をすること。
  2. 第2の内容の取扱いについては,次の事項に配慮するものとする。
    • (1) 「B日常の食事と調理の基礎」については,次のとおり取り扱うこと。
      • ア (2)のア及びイについては,五大栄養素と食品の体内での主な働きを中心に扱うこと。
      • イ (3)のエについては,米飯やみそ汁が我が国の伝統的な日常食であることにも触れること。
      • ウ 食に関する指導については,家庭科の特質に応じて,食育の充実に資するよう配慮すること。
    • (2) 「C快適な衣服と住まい」の(2)のイについては,主として暑さ・寒さ,通風・換気及び採光を取り上げること。
    • (3) 「D身近な消費生活と環境」については,次のとおり取り扱うこと。
      • ア (1)のイについては,「A家庭生活と家族」の(3),「B日常の食事と調理の基礎」の(3)並びに「C快適な衣服と住まい」の(2)及び(3)で扱う用具や実習材料などの身近な物を取り上げること。
      • イ (2)については,「B日常の食事と調理の基礎」又は「C快適な衣服と住まい」との関連を図り,実践的に学習できるようにすること。
  3. 実習の指導については,次の事項に配慮するものとする。
    • (1) 服装を整え,用具の手入れや保管を適切に行うこと。
    • (2) 事故の防止に留意して,熱源や用具,機械などを取り扱うこと。
    • (3) 調理に用いる食品については,生の魚や肉は扱わないなど,安全・衛生に留意すること。
  4. 家庭との連携を図り,児童が身に付けた知識及び技能などを日常生活に活用するよう配慮するものとする。
  5. 各内容の指導に当たっては,衣食住など生活の中の様々な言葉を実感を伴って理解する学習活動や,自分の生活における課題を解決するために言葉や図表などを用いて生活をよりよくする方法を考えたり,説明したりするなどの学習活動が充実するよう配慮するものとする。

-- 登録:平成21年以前 --