ここからサイトの主なメニューです

CLARINETへようこそ

平成19年度帰国・外国人児童生徒受入促進事業に係る報告書の概要 実施団体名【太田市教育委員会】

平成19年度に実施した取組の内容及び成果と課題

1.研究事項(テーマ)

帰国・外国人児童生徒に対する日本の学校教育への適応指導と学力の向上を図る教科指導のあり方

2.事業の実施体制(地域連絡協議会の構成員等)

・太田市国際化連絡協議会
太田市教育委員会、外国人児童生徒教育主任会、ブロック別集中校、バイリンガル教員、日本語指導助手、センター校(旭小、旭中)
・外部機関
早稲田大学、海外日系人協会、外国人集住都市会議等

3.研究内容〈具体の取組内容〉

  • 1事業実施体制の確立
    • 太田市国際化連絡協議会の設置による受入体制の整備(ブロック別集中校システムの充実)
    • センター校(旭小学校、旭中学校)での実践研究と各ブロック別集中校との連携
    • 外部機関からの講師等による指導を取り入れた研究推進体制の確立
    • バイリンガル教員と日本語指導助手の母語支援と国際教室担当者との連携による指導の充実
  • 2帰国・外国人児童生徒の受入体制の包括的な整備を行うための実践研究
    • ブロック別集中校システムによる日本語及び教科指導(特に国語、算数等)
    • 国際教室担当者と保護者との連携・協力の推進(国際教室保護者会等)
    • 太田市教育研究所における外国人児童生徒教育に関する実践研究の推進(JSLカリキュラム)
  • 3外国人児童生徒の就学支援実践研究
    • 日本の学校教育についての情報伝達の工夫と関係機関との連携
    • 円滑な就学につながる、アダルトスクール等での就学ガイダンスの実施
    • 外国人で特別なニーズを持つ子どもへの支援のあり方の検討

4.成果と課題

  • 1ブロック別集中校システムによる指導体制の充実、強化(課題 効果的な教材や指導法の共有)
  • 2教育研究所によるJSL算数・数学科の指導法研究の推進(課題 実践校以外での指導実践)
  • 3関係職員・保護者との連携・協力(課題 国際教室保護者会、アダルトスクール等の拡大)
  • 4放課後やサマースクール、サタデースクールによる学習支援(課題 中学校での学習支援体制等)

5.その他(今後の取組等)

  • 1ブロック別集中校システムと連携した初期指導教室の構築・整備
  • 2初期指導ガイドラインの作成と検討

(初等中等教育局国際教育課)