ここからサイトの主なメニューです

平成29年度官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~第7期派遣留学生(後期)の募集について

独立行政法人日本学生支援機構(以下「機構」という。)は、官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」の第7期派遣留学生の募集を12月1日(木曜日)から実施します。当プログラムは、「日本再興戦略」(平成25年6月14日閣議決定)に基づき、2020年までに我が国の学生の海外留学を倍増するという政府の目標の下、官民が協力して海外留学を支援するために創設された「グローバル人材育成コミュニティ」が運営するものです。 “産業界を中心に社会で求められる人材”、“世界で、又は世界を視野に入れて活躍できる人材”の育成という観点から、支援にふさわしい学生を広く募集します。

概要

1.趣旨
官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~は、企業インターンシップや学生自らが立案したプロジェクト等「実践活動」を焦点にした留学を推奨することにより、多様な経験と自ら考え行動できるような体験の機会を提供します。多様な経験を積んだ個性あふれる留学生のネットワークを形成することで、学生自らの情報発信活動を通じ海外留学の機運の更なる醸成に寄与することも狙いとしています。

2.事業概要(詳細は別添資料参照)
(1)対象:我が国の高等教育機関に在籍する日本人学生等
(2)支援内容:1海外留学費用(奨学金、留学準備金、授業料)の給付、2留学事前・事後に行う研修の提供、3継続的な学習や交流の場としての留学生ネットワークの提供
(3)募集コース:1理系、複合・融合系人材コース、1新興国コース、2世界トップレベル大学等コース、4多様性人材コース 5地域人材コース※
(4)募集人数:500 名(予定) (5の地域人材コースを除く)
(5)対象となる留学計画:平成29年8月18日~平成30年3月31日までの間に開始されるものであって留学期間が28日以上2年以内(3ヶ月以上推奨)の計画
※「地域人材コース」においては、対象となる学生の要件、留学プログラムの内容、募集・選考方法等は「地域事業」ごとに異なります。

3.募集期間 (5の地域人材コースを除く)
平成28年12月1日(木曜日)~平成29年3月3日(金曜日)正午必着

4.面接審査日程 (5の地域人材コースを除く)
平成29年5月13日(土曜日)、14日(日曜日)

お問合せ先

官民協働海外留学創出プロジェクトチーム

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(官民協働海外留学創出プロジェクトチーム)

-- 登録:平成28年12月 --