ここからサイトの主なメニューです

国際原子力人材育成イニシアティブ事業 平成25年度終了課題 事後評価について

1.評価対象課題

 文部科学省が実施した国際原子力人材育成イニシアティブ事業(以下「事業」という。)のうち、事業期間の終了した課題について事後評価を実施する。

2.評価の考え方

(1)評価の目的

 本事業で実施した各課題の達成度・成果等について事後評価を実施し、評価結果及び審査評価委員会所見を各実施機関に対して通知することにより、実施機関及びその他関係機関における今後の原子力人材育成活動の活性化・高度化に資することを目的とする。

(2)審査評価委員会

 各実施課題に対する事後評価は、「原子力人材育成等推進事業費補助金審査評価委員会」(以下「審査評価委員会」という。)のもとで実施する。
 審査評価委員会は、別紙に示す外部有識者からなる審査評価委員により構成される。

(3)評価方法

 審査評価委員会においては、事業成果報告書等に基づく書面確認と、各実施機関からのヒアリングにより、課題ごとの達成度・成果等について、下記の評価項目に関して評価し、あわせて、審査評価委員会所見(推奨意見/今後への参考意見)を付すこととする。

<評価項目>
○課題の達成度(採択時の審査評価委員会所見への対応を含む。)
○特記すべき成果(例:ネットワーク化による人材育成機能の強化等)
○事業の継続状況・定着状況
○成果の公開・共有の状況
○参加した学生数、原子力関係機関への就職状況、公的資格取得者数

(4)評価基準

 下記の評価基準に基づき、S, A, B, Cによる4段階評価とする。

<評価基準>
S評価:極めて優れた成果があげられた
A評価:計画以上の優れた成果があげられた
B評価:ほぼ計画通りの成果があげられた
C評価:計画通りの成果があげられなかった

(5)評価結果

 評価の結果は、事業実施者に通知されるとともに、文部科学省のホームページ上で公表する。

お問合せ先

研究開発局原子力課

電話番号:03-5253-4111(内線4561)

-- 登録:平成26年12月 --