X

馳文部科学大臣に
聞いてみよう!

馳浩文部科学大臣

世界中で、グローバル化がどんどん加速しています。また、2020年には、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を迎えます。そんな中で、子供たちが日本人としてのアイデンティティや日本の文化に対する深い理解をもちながら、豊かな語学力・コミュニケーション能力、主体性・積極性、異文化理解の精神などを身に付けることはますます重要となっています。

このため、文部科学省では、海外との交流や子供たちの異文化理解の意欲向上に取り組む先生や学校を応援しています。また、英語教育の改革や、学校に外国人の子供たちを円滑に受け入れることや留学を倍増させるための支援などに取り組んでいるところです。

若い世代が一人ひとりの可能性を最大限に伸ばすことができる環境を整備するため、今後も全力で取り組んでいきたいと思います。これから社会の一員となっていく子供たちにも、ぜひこうしたグローバル人材としての要素やスキルを意識して育んでいっていただきたいと思います。

今回の「映画ちびまる子ちゃん」が、子供たちが世界に目を向けるきっかけとなることを期待しています。