ここからサイトの主なメニューです
野口宇宙飛行士搭乗のスペースシャトル「ディスカバリー号」の打上げについて[文部科学大臣談話]

1.  スペースシャトル「ディスカバリー号」が、日本時間の7月26日午後11時39分、米航空宇宙局(NASA(ナサ))ケネディ宇宙センターより無事打ち上げられたとの報告を受けました。

2.  この打上げは、スペースシャトル飛行再開の第一号であり、NASA(ナサ)が一昨年のコロンビア号事故の後、徹底して事故の再発防止、安全性向上のための対策を講じられたことに対し、心から敬意を表します。

3.  今回のミッションには、日本からは野口宇宙飛行士が参加し、船外活動のリーダーとして、国際宇宙ステーションの姿勢制御装置の交換など重要な任務を行うこととなっています。8月4日には、国際宇宙ステーションに滞在する野口宇宙飛行士と交信することが予定され、楽しみにしています。このように、日本人宇宙飛行士が実際に宇宙の現場で活躍する姿は、国民、とりわけ青少年に大きな夢を与えるものと期待しています。

4.  今回のミッションが所期の目的を達成し、搭乗員の方々が無事帰還されることを願っています。

平成17年7月27日
文部科学大臣 中山 成彬



ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ