ここからサイトの主なメニューです
第157号 [特別寄稿]「新任大臣の挨拶」(平成16年9月30日)

 文部科学大臣 中山 成彬


 私は、これまで国政において産業振興、厚生労働など様々な分野に関わり、国家の発展の礎として教育が何よりも大切であると日頃から痛感しておりました。その意味でも、このたび、文部科学大臣の職を拝命し、責任と同時に大変やりがいを感じております。

 小泉内閣の一員として、わが国の将来を見据え、国民の期待に応える「教育・文化立国」、「科学技術創造立国」の実現を目指し、教育基本法改正、義務教育の改革をはじめ「人間力向上」のための教育改革や重要分野の研究開発、文化やスポーツの振興などに全力で取り組みたいと思います。よろしくお願いします。



ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ