ここからサイトの主なメニューです

教科用図書検定調査審議会 平成26年度第7部会(第2回) 議事要旨

1.日時

平成26年10月21日(火曜日) 13時30分~18時00分

2.場所

中央合同庁舎第7号館東館(文部科学省庁舎)7階 7F1会議室

3.議題

  1. 申請図書の審査
  2. その他

4.出席者

委員

乾委員、奥委員、斉田委員、鈴木委員、太郎良委員、山内委員

文部科学省

間主任教科書調査官、牧教科書調査官、小早川教科書調査官、梶山教科書企画官、竹内課長補佐 ほか

5.議事要旨

1.平成28年度から使用される教科用図書として検定申請のあった申請図書について、審議を行った。(なお、下記の教科書番号(検定合格した図書に付される番号)及び申請者名は、参考までに記載しているものであり、実際の審議の際は、申請者名が分からないようにした上で審議を行っている。)
  
【中学校外国語】
  受理番号26-38 教科書番号727、827、927):(東京書籍)
    合否の判定を留保することとした。(検定意見箇所数合計 11)
    ・調査意見1番については、検定意見としないこととした。
    ・調査意見3番については、検定意見としないこととした。
    ・上巻141ページの「monkeyの発音表記」について、検定意見を付すこととした。(検定意見4番)
    ・中巻145ページの「shown及び発音記号」について、検定意見を付すこととした。(検定意見8番)
    ・その他の箇所については、調査意見をそのまま検定意見とすることとした。
   
  受理番号26-43(教科書番号728、828、928):(開隆堂出版)
    合否の判定を留保することとした。(検定意見箇所数合計 39)
    ・下巻83ページ下囲みの「発音クリニック2行 2. What is most important thing to you?」について、検定意見を付すこととした。(検定意見29番)
    ・下巻85ページ下囲みの「新出語句2行 shot の発音表記」について、検定意見を付すこととした。(検定意見30番)
    ・下巻106ページ脚注1の「far の強勢表記」について、検定意見を付すこととした。(検定意見32番)
    ・その他の箇所については、調査意見をそのまま検定意見とすることとした。
   
【高等学校コミュニケーション英語Ⅲ】
  受理番号26-105(教科書番号324):(啓林館)
    合否の判定を留保することとした。(検定意見箇所数合計 48)
    ・3巻46ページの「Mercatorの発音表記」他32ページ側注13行「worldwide」 77ページ側注4行「Portuguese」 100ページ側注4行「Gert」について、検定意見を付すこととした。(検定意見1番)
    ・その他の箇所については、調査意見をそのまま検定意見とすることとした。
   

  【その他】
     26-21(教科書番号730、830、930)(三省堂)の申請図書については、前回の当該図書の審査後、検定中に内容の一部が関係者以外に流出するという事案が生じた。教科用図書検定規則実施細則第5(3)「申請図書等の適切な情報管理」に抵触するものであり、調査審議の一時停止を行うかどうかの判断を部会長に一任することを決定した。

(以上)

お問合せ先

初等中等教育局教科書課

-- 登録:平成27年05月 --