ここからサイトの主なメニューです

教科用図書検定調査審議会 平成24年度第2部会日本史小委員会(第2回) 議事要旨

1.日時

平成24年10月26日(金曜日) 10時30分~17時00分

2.場所

中央合同庁舎第7号館東館(文部科学省庁舎)17階 17F1会議室

3.議題

  1. 申請図書の審査
  2. その他

4.出席者

委員

上山委員,大石委員,河野委員,波多野委員,森委員

文部科学省

照沼主任教科書調査官,高橋(秀)教科書調査官,三谷教科書調査官,村瀬教科書調査官,永山教科書課長,大西教科書企画官,金澤教科書検定調整専門官 ほか

5.議事要旨

1. 平成26年度から使用される教科用図書として検定申請のあった申請図書について,審議を行った。
  
【高等学校 地理歴史科 日本史B】
  24-58:
    合否の判定を留保することが適当とした。
    ・表見返しの「地図「日本の世界遺産」中の富山県・三重県の塗色」について,意見が出され,検定意見を付すかどうか後日小委員長が確認することとした。
    ・39ページの「これらの書物は,遣唐使によって中国に伝えられた。」について,意見が出され,検定意見を付すかどうか後日小委員長が確認することとした。
    ・調査意見87番について,教科書調査官から申出があり,指摘事項を変更して検定意見を付すかどうか後日小委員長が確認することとした。
    ・その他の箇所については,調査意見をそのまま検定意見とすることが適当とした。
 
  24-59:
    合否の判定を留保することが適当とした。
    ・42ページの「法隆寺金堂壁画 愛知県立芸術大学蔵。」について,意見が出され,検定意見を付すかどうか後日小委員長が確認することとした。
    ・137ページの「今川義元下知状」について,意見が出され,検定意見を付すかどうか後日小委員長が確認することとした。
    ・調査意見46番について,教科書調査官から申出があり,指摘事項を変更して検定意見を付すかどうか後日小委員長が確認することとした。
    ・その他の箇所については,調査意見をそのまま検定意見とすることが適当とした。
 
  24-63:
    合否の判定を留保することが適当とした。
    ・190ページの「オランダ商館にまで侵入する事件」について,意見が出され,検定意見を付すかどうか後日小委員長が確認することとした。
    ・その他の箇所については,調査意見をそのまま検定意見とすることが適当とした。
 
  24-64:
    合否の判定を留保することが適当とした。
    ・30ページの「ヤマト政権の仕組み(『大王から天皇へ』より)」について,意見が出され,検定意見を付すかどうか後日小委員長が確認することとした。
    ・37ページの「マル1 百済では,義慈王がクーデタをおこして権力を掌握し」について,意見が出され,検定意見を付すかどうか後日小委員長が確認することとした。
    ・38ページの「白村江の戦いと対外防衛」について,意見が出され,検定意見を付すかどうか後日小委員長が確認することとした。
    ・その他の箇所については,調査意見をそのまま検定意見とすることが適当とした。
 
  24-82:
    合否の判定を留保することが適当とした。
    ・27ページの「藤原京復元図」について,意見が出され,検定意見を付すかどうか後日小委員長が確認することとした。
    ・その他の箇所については,調査意見をそのまま検定意見とすることが適当とした。
 
  24-84:
    合否の判定を留保することが適当とした。
    ・27ページの「阿部内麻呂」について,意見が出され,検定意見を付すかどうか後日小委員長が確認することとした。
    ・50ページ~51ページの「武士の生活(全体)」について,意見が出され,検定意見を付すかどうか後日小委員長が確認することとした。
    ・50ページの「正しくは陽成天皇…の子孫である。」について,意見が出され,検定意見を付すかどうか後日小委員長が確認することとした。
    ・その他の箇所については,調査意見をそのまま検定意見とすることが適当とした。

 

  なお,後日小委員長に確認するとした点については,11月9日までに小委員長が内容を確認した結果,下記のとおりとすることとした。

【高等学校 地理歴史科 日本史B】
  24-58:
    ・表見返しの「地図「日本の世界遺産」中の富山県・三重県の塗色」について,検定意見を付すことが適当とした。
    ・39ページの「これらの書物は,遣唐使によって中国に伝えられた。」について,検定意見を付すことが適当とした。
    ・調査意見87番について,指摘事項を変更して検定意見を付すことが適当とした。
 
  24-59:
    ・42ページの「法隆寺金堂壁画 愛知県立芸術大学蔵。」について,検定意見を付すことが適当とした。
    ・137ページの「今川義元下知状」について,検定意見を付すことが適当とした。
    ・調査意見46番について,指摘事項を変更して検定意見を付すことが適当とした。
 
  24-63:
    ・190ページの「オランダ商館にまで侵入する事件」について,検定意見を付すことが適当とした。
 
  24-64:
    ・30ページの「ヤマト政権の仕組み(『大王から天皇へ』より)」について,検定意見を付すことが適当とした。
    ・37ページの「マル1 百済では,義慈王がクーデタをおこして権力を掌握し」について,検定意見を付すことが適当とした。
    ・38ページの「白村江の戦いと対外防衛」について,検定意見を付すことが適当とした。
 
  24-82:
    ・27ページの「藤原京復元図」について,検定意見を付すことが適当とした。
 
  24-84:
    ・27ページの「阿部内麻呂」について,検定意見を付すことが適当とした。
    ・50ページ~51ページの「武士の生活(全体)」について,検定意見を付すことが適当とした。
    ・50ページの「正しくは陽成天皇…の子孫である。」について,検定意見を付すことが適当とした。    
    
   
(以上)

お問合せ先

初等中等教育局教科書課

-- 登録:平成25年05月 --