ここからサイトの主なメニューです

令和2年度技術士第二次試験の実施日程等について(案)

資料2


令和2年度技術士第二次試験の実施日程等について(案)


令和2年7月17日
 科学技術・学術審議会
 技術士分科会試験部会
 

1.試験の日時、試験地及び試験会場

(1)筆記試験
  期日
  1 総合技術監理部門の必須科目
     令和2年9月21日(月曜日)
  2 総合技術監理部門を除く技術部門及び総合技術監理部門の選択科目
     令和2年9月22日(火曜日)
    時間 午前12時~午後2時、午後2時半~午後6時
    試験地及び試験会場
     次のうち、受験者があらかじめ選択する試験地において行う。
      北海道、宮城県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県。
     なお、試験会場については、8月中旬の官報に公告するとともに、あらかじめ受験者に通知する。
 (2)口頭試験
  期日 令和3年2月上旬から令和3年3月中旬までのあらかじめ受験者に通知する日
  時間 午前9時から午後5時までの間であらかじめ受験者に通知する。
  試験地及び試験会場
      東京都 試験会場は、あらかじめ受験者に通知する。

2.試験の実施に関する事務を行う機関

指定試験機関 公益社団法人 日本技術士会
 〒105-0011 東京都港区芝公園3丁目5番8号
  機械振興会館4階
   電話番号 03-6432-4585

3.合格発表

 筆記試験については、令和3年1月上旬に合否を通知する。
 また、口頭試験については、令和3年4月下旬に試験に合格した者の氏名を技術士第二次試験合格者として官報で公告するとともに、本人宛てに合格証を送付する。
 筆記試験及び口頭試験の合格発表後、受験者に成績を通知する。
 なお、口頭試験の合格発表日が令和3年度技術士第二次試験の受験申込期間に迫っている場合等は、一部の受験者を対象に申込期間の延長、特例措置を検討する。

以上

お問合せ先

科学技術・学術政策局 人材政策課

(科学技術・学術政策局 人材政策課)