リスクコミュニケーションの推進方策に関する検討作業部会の設置について

リスクコミュニケーションの推進方策に関する検討作業部会
の設置について

 

平成25年3月25日
科学技術・学術審議会研究計画・評価分科会
安全・安心科学技術及び社会連携委員会

 

1.設置の趣旨
科学技術・学術審議会においては、平成25年1月17日に「東日本大震災を踏まえた今後の科学技術・学術政策の在り方について」を建議したところであり、同建議では、政府や専門家が、リスクに関する社会との対話を十分に進めてこなかった反省を踏まえ、リスクコミュニケーションを推進するための効果的な科学技術コミュニケーションの在り方について検討を実施することが求められている。
このため、リスクコミュニケーションを取り巻く状況及び課題等について整理し、必要な推進方策等について集中的に調査検討するため、安全・安心科学技術及び社会連携委員会の下に「リスクコミュニケーションの推進方策に関する検討作業部会」を設置する。


2.調査検討事項
(1) リスクコミュニケーション(クライシスコミュニケーションを含む)の実践的手法、リスクの抽出・評価及びリテラシー向上等の方策
(2) 市民・社会との双方向の情報共有の仕組み及び方策
(3) その他

お問合せ先

科学技術・学術政策局 科学技術・学術戦略官付(調整・システム改革担当)

電話番号:03-6734-4051
ファクシミリ番号:03-6734-4176
メールアドレス:an-an-st@mext.go.jp

(科学技術・学術政策局 科学技術・学術戦略官付(調整・システム改革担当))

-- 登録:平成25年05月 --