ここからサイトの主なメニューです

ヒト受精胚等へのゲノム編集技術等を用いる研究に関する合同会議(第8回)の開催について

令和3年1月8日
文部科学省

標記会合を次のとおり開催しますので、お知らせします。

1.日時

令和3年1月15日(金曜日) 14時00分~16時00分

2.場所

文部科学省15階15F特別会議室
(東京都千代田区霞が関3丁目2番2号)

地図

 

3.議題

  1. ゲノム編集指針及びART指針の改正案に関するパブリックコメントの結果について
  2. ゲノム編集指針及びART指針の改正案の検討について
  3. その他

4.傍聴・取材

・新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、報道関係者及び一般の方向けに、会議の模様をYouTubeにおいてライブ配信にて公開いたしますので、会場での傍聴はございません。後日、議事録を当省ホームページに掲載します。
・傍聴・取材の希望者は令和3年1月14日(木曜日)正午までに、下記会議傍聴受付システムへのリンクより、氏名や所属等をご登録ください。
傍聴登録はこちら(会議傍聴受付システムへのリンク)
・会議資料につきましては、令和3年1月14日(木曜日)までに当省ホームページに掲載します。
・ライブ配信URLにつきましては、傍聴・取材登録をいただいた方に令和3年1月14日(木曜日)までにメールにて連絡します。

5.その他

(参考)
本合同会議は、令和元年6月に総合科学技術・イノベーション会議において、「「ヒト胚の取扱いに関する基本的考え方」見直し等に係る報告(第二次)~ヒト受精胚へのゲノム編集技術等の利用等について~」がとりまとめられたことを踏まえ、遺伝性・先天性疾患研究を目的とした余剰胚にゲノム編集技術等を用いる基礎的研究、生殖補助医療研究を目的とした配偶子又は新規作成胚にゲノム編集技術等を用いる基礎的研究の容認に対応した関係指針の見直しについて検討を行うため、以下の2省の合同会議として開催するものです。

○文部科学省科学技術・学術審議会生命倫理・安全部会
 ヒト受精胚へのゲノム編集技術等を用いる研究に関する専門委員会
 生殖補助医療研究専門委員会
○厚生労働省厚生科学審議会科学技術部会
 ヒト受精胚を用いる生殖補助医療研究等に関する専門委員会

 

会議資料ページへリンク

お問合せ先

研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室

横井・高木
電話番号:03-5253-4111(内線4108)
メールアドレス:ethics@mext.go.jp

(研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室)