ここからサイトの主なメニューです

資料6:特別支援学校数・在学者数の推移及び義務教育段階の児童生徒の就学状況

1.特別支援学校数及び特別支援学校在学者数(幼稚部~高等部計)の推移

 特別支援学校数の推移及び特別支援学校在学者数(幼稚部~高等部計)の推移は、それぞれ別紙(1)、別紙(2)のとおりである。

 特別支援学校数は、平成16年度は999校(うち、分校は78校)、17年度は1,002校(同82校)、18年度は1,006校(同87校)、19年度は1,013校(同86校)、20年度は1,026校(同95校)、21年度は1,030校(同95校)と推移している。

 特別支援学校在学者数(幼稚部~高等部計)は、平成16年度は98,796人、17年度は101,612人、18年度は104,592人、19年度は108,173人、20年度は112,334人、21年度は117,035人と推移している。

 障害種ごとには以下のとおりである。なお、平成18年度までは学校種(盲学校、聾学校、知的障害養護学校、肢体不自由養護学校、病弱養護学校)ごとに集計している。また、平成19年度以降は、複数の障害種を対象としている学校はそれぞれの障害種ごとに重複してカウントしているため、合計は一致しない。

 

○盲学校・特別支援学校(視覚障害)

16年度

71校(うち、分校は1校)

3,870人

17年度

71校(同1校)

3,809人

18年度

71校(同2校)

3,688人

19年度

71校(同2校)

5,637人

20年度

84校(同4校)

5,763人

21年度

83校(同4校)

5,798人

 

○聾学校・特別支援学校(聴覚障害)

16年度

106校(うち、分校は8校)

6,573人

17年度

106校(同8校)

6,639人

18年度

104校(同9校)

6,544人

19年度

102校(同9校)

8,340人

20年度

116校(同10校)

8,413人

21年度

116校(同10校)

8,461人

 

○知的障害養護学校・特別支援学校(知的障害)

16年度

528校(うち、分校は39校)

65,690人

17年度

535校(同42校)

68,328人

18年度

543校(同45校)

71,453人

19年度

592校(同46校)

92,912人

20年度

619校(同56校)

96,924人

21年度

632校(同59校)

102,084人

 

○肢体不自由養護学校・特別支援学校(肢体不自由)

16年度

202校(うち、分校は15校)

18,756人

17年度

198校(同15校)

18,713人

18年度

197校(同15校)

18,717人

19年度

249校(同15校)

29,917人

20年度

282校(同20校)

30,363人

21年度

295校(同21校)

31,086人

 

○病弱養護学校・特別支援学校(病弱)  

16年度

92校(うち、分校は15校)

3,907人

17年度

92校(同16校)

4,123人

18年度

91校(同16校)

4,190人

19年度

106校(同16校)

18,919人

20年度

124校(同19校)

18,934人

21年度

129校(同19校)

18,926人

 

2.義務教育段階の児童生徒の就学状況(平成21年度)

 わが国における義務教育段階の児童生徒の就学状況(平成21年度)は、別紙(3)のとおりである。

 平成21年度において、義務教育段階の年齢の者は、10,738,655人であり、そのうち不就学者数は3,336人(0.03%)である。うち、障害を原因として就学猶予・免除を受けている者は54人であり、義務教育段階の年齢の者の0.0005%である。

 

お問合せ先

初等中等教育局特別支援教育課

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(初等中等教育局特別支援教育課)

-- 登録:平成22年09月 --