(14)「語学指導等を行う外国青年招致事業」の概要〔JET(Japan Exchange and Teaching)プログラム〕

目的

 我が国における外国語教育の充実を図るとともに、地域レベルでの国際交流の進展を図ることを通じて、我が国と諸外国との相互理解を増進し、もって我が国の国際化の促進に資するため、語学指導等を行う外国青年を招致する事業(昭和62年~)

職種

 以下の3つの職種があり、参加者はいずれか1つの職種に従事

  • ALT(外国語指導助手):Assistant Language Teacher
     主に、中・高等学校で日本人外国語教員と協力してティーム・ティーチング(協同授業)を行うほか、クラブ活動や教員との交流などの活動を行う。
     ※ 2年間の契約満了者で特に優秀なALTは「小学校専属ALT」として、最長5年間まで契約更新が可能
  • CIR(国際交流員):Coordinator for International Relations
  • SEA(スポーツ国際交流員):Sports Exchange Advisor

実施主体

 地方公共団体を事業主体として、文部科学省、総務省、外務省の協力のもとに推進

文部科学省
 外国語指導助手に対する研修、指導、カウンセリング等を実施(教員研修センターで実施)

総務省
 国別招致計画の策定、財政措置(交付税措置、給与・旅費等)

外務省

  • 国別招致計画に基づく、外国での募集・選考(在外公館)
  • JET-AA(同窓会)の活動支援及び元JET青年日本語教育研修事業の実施

財団法人自治体国際化協会(CLAIR)
 地方公共団体への斡旋・配置、赴任時の渡航調整、指導・助言、その他JETプログラムの実施に必要な業務

参加者数

 招致対象国は、ガーナが新たに加わり44カ国

【平成17年度7月1日現在】
 ( )(かっこ)は前年比

区分 新規招致者 昨年度からの継続 うち4、5年目参加者
外国語指導助手(ALT) 2,425人 2,937人 (小学校専属ALT)121人
(+48)
5,362人
(-205)
国際交流員(CIR) 192人 278人 (専任PA)10人
(-2)
470人
(-42)
スポーツ国際交流員(SEA) 6人 15人 21人
(-3)
2,623人
(-310)
3,230人
(+60)
131人
(+46)
5,853人
(-250)

小学校専属ALTの増員

 平成17年度において400名を財政措置。平成18年度以降1,000名を目標に所用の財政措置を講ずる予定(総務省)

お問合せ先

初等中等教育局教育課程課教育課程企画室

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(初等中等教育局教育課程課教育課程企画室)

-- 登録:平成21年以前 --