(11)小学校の英語教育に関する意識調査 結果の概要

調査の目的

 小学校における英語教育について、児童、保護者及び教員の意識を把握することにより、今後の外国語教育の充実・改善に生かすことを目的とする。

調査の内容

1 調査対象

  • 公立小学校の児童(4年生、6年生)
  • 調査対象となる児童の保護者
  • 調査対象校の教員(校長、学級担任等)
    (なお、校長については、学校全体の状況について回答)

2 調査実施時期

 平成16年6月

3 調査対象校数及び回収状況

  調査対象校数 回答学校数(回収率)
小学校 230校 190校(82.6パーセント)

4 回答人数

  4年生 6年生 合計
児童 4,923人 5,079人 10,002人
保護者 4,730人 4,868人 9,598人
教員 2,234人 2,234人

調査結果

1 総合的な学習の時間における英語活動

「総合的な学習の時間で英語活動が行われている(行っている)」

児童 保護者
75.3パーセント 61.2パーセント
 
校長 学級担任
77.0パーセント 55.5パーセント

(参考:小学校英語活動実施状況調査(文部科学省))

  • 総合的な学習の時間で英語活動を実施している学校の割合(平成15年度実績)
     第4学年:68.2パーセント 第6学年:70.6パーセント

英語活動に対する満足感(児童)

 「英語活動が好き」(「どちらかといえば好き」を含む):73.9パーセント

 (参考:学校教育に関する意識調査(平成15年度 文部科学省))

  • 「総合的な学習の時間」の満足感(小学校5年)
     「総合的な学習の時間が好き」(「どちらかといえば好き」を含む):89.0パーセント

英語活動が好きな理由(児童)

(複数回答・上位5項目)
英語の歌を歌ったり、英語のゲームをしたりできるから 76.8パーセント
外国人の先生や留学生など外国の人と話すことができるから 43.4パーセント
英語を読むことができるから 41.1パーセント
友達と英語を使ってやりとりをすることができるから 37.5パーセント
外国の文化などを知ることができるから 29.7パーセント

英語活動が嫌いな理由(児童)

(複数回答・上位5項目)
英語を読むことがうまくできないから 50.4パーセント
総合的な学習の時間では英語活動以外の学習の方が好きだから 41.9パーセント
友達と英語を使ってやりとりをすることがうまくできないから 39.7パーセント
外国人の先生や留学生など外国の人と話すことがうまくできないから 37.5パーセント
英語の歌を歌ったり、英語のゲームをしたりすることがうまくできないから 35.1パーセント

英語活動の達成度

  • 児童「よくできている」・「だいたいできている」計:60.2パーセント
  • 教員「よくできている」・「だいたいできている」計:48.9パーセント

 (参考:学校教育に関する意識調査(平成15年度 文部科学省))

  • 「学校の授業がわかる」(「だいたいわかる」を含む)
     小学校児童:約70パーセント 小学校教員:約78パーセント

英語活動の実施の希望(英語活動が行われていない児童)

 「英語活動を行ってほしい」(「どちらかといえばそう思う」を含む):66.3パーセント

英語活動によって生じた子どもたちの変化

保護者

(複数回答・上位5項目)
英語に興味や関心を持つようになった 42.7パーセント
今のところあまり変化は見られない 38.1パーセント
英語に関する話をよくするようになった 17.9パーセント
外国の文化などに興味や関心を持つようになった 14.1パーセント
学校であったことをよく家で話すようになった 12.6パーセント

教員

(複数回答・上位5項目)
英語に興味や関心を持つようになった 62.6パーセント
外国の人と臆することなく接しようとするようになった 25.6パーセント
外国の文化などに興味や関心を持つようになった 24.4パーセント
今のところあまり変化は見られない 18.8パーセント
英語に関する話をよくするようになった 9.8パーセント

小学校で英語活動を行うことについてどう思うか

  • 保護者「よいと思う」・「どちらかといえばよいと思う」計:91.1パーセント
  • 教員「よいと思う」・「どちらかといえばよいと思う」計:76.4パーセント

 (参考:校長の回答)
 「よいと思う」・「どちらかといえばよいと思う」計:86.5パーセント

小学校の英語活動で目標とすべき(目標としてほしい)こと

保護者

(上位5項目)
  そう思う そう思わない
英語に対する抵抗感をなくすこと 94.8パーセント 3.3パーセント
外国のことに関する視野を広げること 88.4パーセント 9.0パーセント
外国の人とコミュニケーションを行おうとする態度を身に付けること 87.7パーセント 9.9パーセント
英語のリズムや発音などの基礎を身に付けること 86.5パーセント 11.0パーセント
英語を聞いたり話したりする力を付けること 83.3パーセント 14.3パーセント

教員

(上位5項目)
  そう思う そう思わない
英語に対する抵抗感をなくすこと 94.8パーセント 4.2パーセント
外国の人とコミュニケーションを行おうとする態度を身に付けること 92.8パーセント 6.3パーセント
外国のことに関する視野を広げること 89.0パーセント 9.5パーセント
英語のリズムや発音などの基礎を身に付けること 62.7パーセント 35.5パーセント
英語を聞いたり話したりする力を付けること 59.6パーセント 38.9パーセント

小学校の英語活動で行ってほしい内容

児童

(複数回答・上位5項目)
英語の歌を歌ったり、英語のゲームをしたりする活動 55.2パーセント
身近なものの名前を英語で言う活動 45.9パーセント
あいさつや自己紹介など、やさしい会話をする活動 40.0パーセント
アルファベットや英語の単語を書く活動 38.0パーセント
英語の文章を読んだり書いたりする活動 37.1パーセント

小学校の英語活動は誰が教えるのがよいか

保護者

(複数回答・上位5項目)
小学校の教員と英語を母語とする外国の人の組み合わせ 89.5パーセント
小学校の教員と英語が得意な地域の日本人の組み合わせ 17.1パーセント
小学校の教員と中学校や高校の英語の教員の組み合わせ 11.1パーセント
学級担任などの小学校の教員 10.2パーセント
中学校や高校の英語教員 5.5パーセント

教員

(上位5項目)
  よいと思う よくないと思う
小学校の教員と英語を母語とする外国の人のT・T(ティーム・ティーチング) 85.7パーセント 9.6パーセント
英語を専門に教える小学校の教員 80.7パーセント 12.8パーセント
学級担任と英語を専門に教える小学校教員のT・T 76.9パーセント 16.0パーセント
小学校の教員と英語が得意な地域の日本人のT・T 62.8パーセント 25.7パーセント
学級担任 39.9パーセント 45.1パーセント

(参考:校長の回答)

(上位5項目)
  よいと思う よくないと思う
小学校の教員と英語を母語とする外国の人のT・T 88.2パーセント 7.3パーセント
学級担任と英語を専門に教える小学校教員のT・T 83.7パーセント 10.7パーセント
英語を専門に教える小学校の教員 80.9パーセント 11.8パーセント
小学校の教員と英語が得意な地域の日本人のT・T 77.5パーセント 12.9パーセント
学級担任 51.7パーセント 36.0パーセント

英語活動を実施する上での課題(教員)

(複数回答・上位5項目)
ALTや英語に堪能な民間人など外部人材の確保 74.2パーセント
教員間や、ALTや英語に堪能な民間人など外部の協力者との打合せの時間の確保 50.2パーセント
教材・教具等の開発や準備 45.0パーセント
小学校教員の英語力や指導力の向上 44.9パーセント
英語活動に関する教員研修の充実 42.0パーセント

 (参考:学校教育に関する意識調査(平成15年度 文部科学省))
 「総合的な学習の時間」の実施上の問題点

(複数回答)
・教員の打ち合わせ時間の確保 約69パーセント
・学年全体を見通した発展性や系統性の構築 約50パーセント
・体験的な活動等の実施のための経費 約48パーセント
・外部機関等との連携 約42パーセント
・校内の指導体制の構築 約35パーセント

2 児童の英語習得の希望等

「英語が使えるようになりたい」(児童):

 73.9パーセント

英語を使ってしてみたいこと(児童)

  そう思う そう思わない
外国に旅行に行ったときに英語を使ってみたい 83.1パーセント 8.3パーセント
外国の人と英語で話したい 79.0パーセント 12.3パーセント
将来受験に役立つようにしたい 70.0パーセント 14.3パーセント
英語の本を読みたい 58.6パーセント 29.5パーセント
外国のテレビや映画を英語のままで見たい 54.0パーセント 33.4パーセント
外国の人と手紙やメールのやりとりをしたい 43.8パーセント 40.9パーセント
将来英語を使う仕事をしたい 32.1パーセント 48.1パーセント

すべての子どもたちが社会に出るまでに身に付けるべき英語力(教員)

英語であいさつや簡単な受け答えができる程度 59.7パーセント
外国の人と英語で日常会話や手紙、メールのやりとりができる程度 27.0パーセント
英語が使えるようにならなくてもよい 3.6パーセント
英語を使って仕事ができる程度 2.7パーセント
英語を母語とする外国の人と同じ程度 0.3パーセント

3 小学校の英語教育の必修化

小学校で英語教育を必修とすべきか

  そう思う そう思わない
保護者 70.7パーセント 21.5パーセント
教員 36.6パーセント 54.1パーセント
(参考:校長) 53.4パーセント 42.1パーセント

小学校で英語教育を必修とすべき理由

保護者

(複数回答)
早くから英語に親しませておいた方が英語に対する抵抗感がなくなると思うから 83.6パーセント
英語の発音は小学生のときから学んだ方が身に付くと思うから 50.5パーセント
英語は小学生のときから学んだ方が身に付くと思うから 46.4パーセント
中学校に入ってから英語に積極的に取り組めると思うから 41.8パーセント
外国の人とコミュニケーションを行おうとする態度が身に付くと思うから 36.7パーセント
外国のことに関して視野が広がると思うから 31.8パーセント
学校によって英語を教えているところと教えていないところがあるのは問題だと思うから 23.6パーセント

教員

(複数回答)
早くから英語に親しませておいた方が英語に対する抵抗感がなくなると思うから 76.4パーセント
外国の人とコミュニケーションを行おうとする態度が身に付くと思うから 63.6パーセント
英語の発音は小学生のときから学んだ方が身に付くと思うから 42.3パーセント
外国のことに関して視野が広がると思うから 42.2パーセント
英語は小学生のときから学んだ方が身に付くと思うから 31.2パーセント
学校によって英語を教えているところと教えていないところがあるのは問題だと思うから 18.6パーセント
中学校に入ってから英語に積極的に取り組めると思うから 12.2パーセント

小学校で英語教育を必修とすべきでない理由

保護者

(複数回答)
小学校では他の教科の内容をしっかりと学んでほしいと思うから 66.8パーセント
子どもの負担が増えると思うから 45.8パーセント
正しい日本語を身に付けることがおろそかになると思うから 38.8パーセント
中学校や高校に入ってからでも十分身に付くと思うから 23.6パーセント
小学校では英語を教えることができる先生が少ないから 23.3パーセント
小学校で英語を教えるかどうかは、地域や学校の実態に応じて各学校が判断すべきだと思うから 20.8パーセント
早くから始めると英語を嫌いになる可能性があると思うから 9.8パーセント
小学校で英語を教えても英語は身に付かないと思うから 8.6パーセント

教員

(複数回答)
小学校では他の教科の内容をしっかりと学んでほしいと思うから 68.2パーセント
正しい日本語を身に付けることがおろそかになると思うから 44.0パーセント
子どもの負担が増えると思うから 43.9パーセント
小学校で英語を教えるかどうかは、地域や学校の実態に応じて各学校が判断すべきだと思うから 31.1パーセント
小学校では英語を教えることができる先生が少ないから 22.4パーセント
中学校や高校に入ってからでも十分身に付くと思うから 12.6パーセント
小学校で英語を教えても英語は身に付かないと思うから 5.3パーセント
早くから始めると英語を嫌いになる可能性があると思うから 5.0パーセント

小学校で英語教育を必修とした場合に、英語が中学受験をする場合の科目になることについてどう思うか

  よいと思う よくないと思う
保護者 19.4パーセント 59.4パーセント
教員 4.9パーセント 86.8パーセント
(参考:校長) 9.0パーセント 86.0パーセント

例えば3・2・1やA・B・Cで成績をつけるなど、国語や算数などの教科と同じように評価することについてどう思うか

  よいと思う よくないと思う
保護者 28.8パーセント 53.5パーセント
教員 7.0パーセント 85.7パーセント
(参考:校長) 14.0パーセント 82.6パーセント

お問合せ先

初等中等教育局教育課程課教育課程企画室

(初等中等教育局教育課程課教育課程企画室)

-- 登録:平成21年以前 --